FC2ブログ

カスタマイズ

部屋の中では、ずいぶん力強く歩くようになった拓さん。

その分、あちこちぶつかる衝撃も大きくなり、家具は傷だらけ。

拓もガツガツ音が耳元で聞こえて嫌だろうと思い、100均で買ったもので
カスタマイズしてみた。

P9194765

食器棚は作り付けで動かせず、いつもここで突っかかる。
食器棚の傷の部分にも、「ウォールステッカー」を貼って傷防止。

P9194769

緑のは、ドアストッパー。壁に突き当たって曲がる時、
この分の空間があると横に移動しやすい。
あと、動けない時に車椅子の下をくぐろうとして、エクソシストみたいになるのを
防止できればと・・・

100均、すごいな、何でもあるな。

P9194768

ニイナちゃんには、不評みたいです。
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

散歩した

涼しい日があったので、お外に出してみました。

P9124748

車椅子は以外と目立たず、風景に馴染んでます。

P9124754

左右にぶれないように、後ろを支えていますが
ストレスもないようで、一生懸命歩いていました。

P9124753

以前買って、もう使う事はないと思っていたナックリング防止の靴が役立ちます。
風船みたいなやつも持っていますが、後足は時々引きずるので、
何か履かないと血だらけになると思います。

P9124755

短い時間でも、外を散歩できるようになってよかったです。
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

歩けるという事

今となっては、何故もっと早く車椅子を買ってあげなかったのか?
と過去の自分を罵りたいくらいだが、拓さんが少しずつ年をとり
だんだん歩けなくなる過程の中で、見慣れてしまい、仕方のない事、
もう年なんだし、車椅子を使ってまで無理に歩かせなくても・・・という、
勝手な思い込みがあったように思います。

何より、無理をさせて疲れさせてしまうのではないか?
という不安がありました。

しかし、今思う事は、老犬こそ車椅子(歩行器)を使って
歩かせてあげる事。正しい姿勢で立たせてあげる事が、
犬の心にとって、必要な事だったと思うのです。

歩けない事は、もどかしかったんだと
今の拓さんをみて思います。

P9084746

車椅子に乗る拓さんは、とても楽しそうです。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

伝えよう

車椅子が大層気に入った拓さん。
おかげで体のバランスも良くなり、車椅子無しで歩くことも多くなった。

P8304728

その事は大層喜ばしいのだが、疲れると車椅子に乗ろうと考えるのか?
父ちゃんの部屋の奥に置いてある車椅子の前で行き倒れている。
という事が多々あり、目が離せないです。(汗

P8274690

どうしても拓の事ばかりに気が行き、ニイナちゃんは寂しくないかな?

P8304726

出来るだけ2人きりで、ラブラブな時間を作るようにしよう。
どれほど愛おしいと想っているか伝えよう。

P9024737

ニイナちゃん、伝わった?
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

左回りな拓さん

拓さんは、車椅子のおかげで、体のバランスが良くなりましたが、
まだ少し左側に傾いているので、車椅子で歩くときに、左に左に行ってしまう。

P8274689

左回りな拓さんです。

P8274691

ニイナも一緒にぐるぐるしてます。

P8274700

犬のご飯の前に車椅子に乗せているので、ご飯を作っている父ちゃんに激突。

P8274701

この後どうするのかな?
拓さんが、自分で車椅子を操れるようにならないといけないから
出来るだけ手伝わないようにして様子を見る。

P8274702

お、まわった!

その時は分かりませんでしたが、こうして写真で見ると
顔と、左手で車椅子を押して力技でまわったんですね(汗

台所のマットじゃまかな?
車椅子乗るときは剥がすかな?

お外歩かせたいな。
早く涼しくなるといいな。
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

乗りこなす男

車椅子の拓さん、なかなかカッコイイです。
紫が似合います。

飼い主的には、ご飯を食べさせるのがとても楽になりました。

すごいなと思ったのは、車椅子が来た日から、拓さんのバランスが
良くなった事です。
車椅子なしで歩いても、転ばずに歩く時間が長くなりました。
本来の姿勢で立つ事が、いかに大切か思い知らされました。

アロバロさんの車椅子は、車椅子と犬の連結用に専用ハーネスが付いています。
ただ、拓さんの様子を見ていると、ハーネスを外した方が首が上がるので
家の中でご飯を食べる時は、ハーネス無しで乗せています。

P8244680

幅が体にぴったりサイズで、小回りもきくので、

P8214649

ゆっくり歩く分には、こんな狭い所も

P8244667

余裕です。

P8244668

今までは出来なかったダッシュも出来ます。

P8244675
(ニイナが何か貰おうとしているので、走る拓さん)

ニイナも上手く避けてくれるので、よかったです。

P8244678

ただ、ちょっとお疲れのニイナちゃんです。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

紫のあれ

危なっかしいけど、まだなんとか歩ける拓さん。

P8104614

「歩きたい、歩きたい」と言う時もある。

でも、どうしても、寝ている時間が多くて可哀想だ。

P8134618

ずっとずっと、迷っていた。

あれを買おうか?どうしようか?

でもあれは、老犬にはどうなんだろうか?

P8214622

そして今日、紫のあれが届いた。

P8214623

あれとは、これだ。

P8214634

じゃーん!

犬用車椅子・・と言うより、老犬用歩行器
・・かな?

P8214639

拓さんは、何の事やらさっぱりわからんという顔で
でも、抵抗もせず、されるがままに乗せられて・・・

P8214664

ニイナに行く手を阻まれて・・・

P8214661

ナナさんのお骨が納骨してある棚にぶつかり止まる。

狭いのと、カーペットの段差が問題だけど、
家の中での目的は。。

P8214636

お水とか、ご飯の時にずっと体を支えているのがしんどくて
拓も水くらい1人で飲みたいだろうと思って。

色々調べて、犬用車椅子を作っている所は沢山あったのだけど
今の拓さんの状態と、将来前足がダメになった時に改造してもらえるので
「犬用車椅子工房アロバロ」さんにお願いしました。
お盆休みだったのに、拓さんの年齢を考えて急いで作って下さいました。

今日届いたので、まだ全然乗りこなせないけど
少しずつ練習して慣れてもらおうと思います。

涼しくなったら、お外を散歩してみようと思う。

無理させすぎないように気を付けます。
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

暑さ厳しき折

御無沙汰しております。

拓さんは、元気です。

P7114576

部屋の中は涼しいとはいえ、横になっている時間の長い拓さんのベッドに
タオルを敷いておくと熱が籠るので、ひんやりカバーに替えてあげたら
ずいぶん寝やすいみたいです。
顔の下のタオルは、よだれでシーツがすぐ汚れるので入れてます(笑)
拓さんもこれ嫌いじゃなくて、顔の下に入れてあげるとスーと寝ちゃいます。

P7114584

ごはんの時は、立って台所のあたりをウロウロしています。
でも、ずっとは立っていられず途中で倒れてしまいますが・・・
この暑さでも体調を崩す事はなく、食欲も旺盛で体調はとても良いです。

P7114581

むしろニイナの方が、気温の変化に弱いのでこの時期はちょっと注意が必要です。

昨夜は、夜中の3時に、拓さんと寝ていた私の所に来て
「わん!」と大きな声で吠えたので、慌てて起きて「うん○か?」と聞いたら
「わん!」というので、パジャマのまま2人で走って外に出てうん○してきました。
下痢です。

そんなこんなですが、これ以上体調を崩さないように気を付けたいと思います。

皆様もご自愛ください。
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

ニイナは優しい

朝起きて、トイレやご飯など、ひと通りの事が終わり

お疲れの拓さん。

P6084568

ひとつひとつの事に時間がかかるから

水を飲むだけでも、体力をつかうのだろうな。

それでも毎朝の行事を、きっちりこなす拓さん。

P6054563

そんな拓さんを、いつも見ているニイナちゃん。

ニイナちゃんは、夜中の拓さんのトイレの時も、
気づくと後ろにいて、拓さんのトイレが終わるまで付き合います。
拓さんを寝かせていると、いつの間にか自分の部屋に戻って寝ている。

P6084573

ニイナは優しいな。

拓さんの介護が全然大変な気がしないのは
ニイナちゃんがいつも隣にいてくれるからかもしれない。

ありがとね。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

病名って大事。

あれは2年くらい前だったか、
拓さんを抱いてマンションの外階段を下りている時、
最期の1段を踏み外し、前につんのめりそうになりました。

そのままでは拓さんが壁に激突してしまうと思い、
体を後ろに反らし、イナバウアーみたいな恰好で
拓さんを胸に抱き、後ろ向きに踊り場に落ちました。
拓さんが無傷でほっとしたのを覚えています。

後ろに体重をかけた時に、右足首が変な方向に曲がって
ものすごい激痛で、でもその時は腰には痛みはなかったのですが
それ以来、度々腰痛に悩まされるようになりました。

マッサージに行ったり、整形外科に通ってみたりしましたが
度々襲ってくる激痛は治まりませんでした。
整形外科では骨の間隔が狭くなっているからでしょう(老化)との診断で
1年ほど牽引に通いましたが、牽引するとよけいに痛くなったりするので、
行くのを止めてしまいました。

先日、久しぶりに激痛に襲われ、違う病院に行きました。
レントゲンを見ながら先生が

「骨折してますね」

目が点になっている私に先生は、

先生:「骨折って言っても疲労骨折、格闘技とかやってる人がなるやつ」

    格闘技はやってませんが・・・

先生:「ほら、この間のアメフトの選手みたいに後ろからタックルされたりしたらなるよ」

    タックルされてませんが・・・

先生:「体後ろに反らしたらダメだよ」

    あ、反らしました。犬抱いてイナバウアーしました。

先生:「折れたんだね、ほら完全に骨が割れてずれてる」

    で、私はどうすれば・・・

先生:「体を後ろに反らすの止めてね。後は様子見ましょ」

    はい、もう犬を抱いてイナバウアーはしません。。



2年も経ってやっと 「第5腰椎分離すべり症」 という
病名を頂きました。

前の病院で1年通った腰の牽引、割れてる骨を引張ったら
よくないわ、どうりで牽引の後に痛みがでるはずだわ。

なんかすっきりしたというか、安心したというか
病名が分かるとこんなにも安心するんですね。
激痛がきても、折れてるから仕方ないと思えるじゃない。
今までは、なんじゃこりゃーって思っていたので不安でした。

患者にとって、病名って大事。

嬉しくて観葉植物を買いました。

P5294537

枯らさないように頑張ります。(いつも枯らすけど)

P5304559

犬ブログなので、内容とは関係ないけど拓さんとニイナちゃん。

私はもう折れてしまいましたが、皆様は腰を大切になさって下さい。
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット