夢の中で

水曜日に友人と映画を観てきた。

「僕のワンダフルライフ」 犬の映画だ。

もちろん号泣だ。

そのせいか、昨夜は拓さんが草原を走っている夢を見た。

犬が走る姿は、本当にいいものだ。

PA124261

現実の拓さんは、もう走れないけど

時々寝ながら足をバタつかせている時がある。

そんな時は、夢の中で走っているのかな?と思う。



今夜も拓さんが夢の中で沢山走れますように♪

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

転んだ先のベッド

拓さんは、毎晩ケージで寝ているのですが、1度、夜中に
部屋の奥に行ってしまい、カーペットの無い部分で滑って転んで
朝までそこで寝ていた事があります。

二度とそんな事にならないように、部屋の奥に行けないように
犬用ベッドを2つ並べてあります。

転ばぬ先の杖ならぬ、転んだ先のベッドです。


PA054247


何かの理由で、ケージから出てしまった拓さんが
1つ目のベッドにハマっていました。

うまくハマったようで、朝までここで寝ていました。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

端っこ散歩

以前ブログに、拓さんが散歩していると近所のお年寄りが応援してくれる
と書いた気がしますが、最近はお子様に応援されている拓さんです。

朝、公園の端っこまで抱いて行き、土の上なら滑らないので
フェンスに沿ってゆっくりゆっくり、公園の終わりの端まで歩きます。

小さな公園なので距離は大したことはありませんが、拓さんにとっては
往復するのがやっとです。

お年寄りたちには、痛々しく見えるのか
「大変そうね」 「辛そうね」 「もう外に出さなくてもいいんじゃない」と
お散歩はやめた方が良いと言って来ます。

でも、幼稚園くらいの子供たちは「がんばってね!」と言ってくれます。

「がんばってね」と言われた方が嬉しいです。

もし、近所に老犬がいて
その子が一生懸命歩いていたら
気の毒そうな目で見るのではなく、笑顔を向けてあげて欲しいです。

PA064252


日に当たり、風に当たり、歩いています。


PA064254


今日は夕方から雨になり、夜の散歩は疲れてしまった拓さんですが
明日雨が上がったら、お日様浴びて公園の端っこを一生懸命に歩こうね。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

拓さんの元気のもと

拓さんは、夜のお散歩から帰るとヨーグルトを食べます。

PA034237

一時期、足が弱ってきた頃に、何かの記事で「犬にヨーグルトを食べさせると
関節の痛みが増すことがある」と書いてあって、食べさせるのを止めたら
拓さんが日に日に弱ってしまいました。

これは大変だとヨーグルトを復活させたら、拓さんも復活したので
拓さんにはヨーグルトが欠かせません。

ヨーグルトを食べたら、歯を磨いて、おむつを付けて、行き倒れます。

PA034239


おやすみなさい。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

ゆるく生きてます。

連日の雨、犬飼いの皆様・・・いかがお過ごし?

猛暑を恐れていたので、暑くないのはよいけど
さすがにもう雨は嫌だわ。

拓さんは、雨の日は後ろ足が弱いのです。

P8104195

座布団に座って、水をすする拓さん。

もう水ではなく、お茶でも差し上げたくなる(笑)


P8084193

座布団に座る拓さん。

肩でも揉んで差し上げたくなる。

拓さんを見ていると、心がほのぼの(*´v`)


でも、これは・・・

P8194199

風呂から出たら、リビングに転がる拓さんと父ちゃん・・・

心臓にわるい。((((;゚Д゚)))))))

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

毎日運動

今朝、父ちゃんの悲痛な声で起こされた。

「拓が、床の上で寝てる」

「全身おしっこまみれ・・・(涙)」

ん?

夜だけはオムツを付けているのに何故?

推測するに、明け方起きた時に普段は行かない部屋の奥に行ってしまい、
そこは、カーペットも無くフローリングなので、滑って転んでオムツが外れて、
起きようともがいてシッコが漏れ、さらにもがいてシッコまみれになって
諦めが良い子なのでそのまま寝たのだと思う。
夜中の3時には、ちゃんとケージで爆睡していたので、たぶん朝だと思う。

気付いてやれずごめん。

で、朝風呂に入った拓さんです。

そんな拓さんの毎日の運動は、ご飯の時にゴミ箱の周りをぐるぐるまわりながら歩く事。

P7314178

ぐるぐる

P7314176

ぐるぐる

P7314177

1日3回、ご飯が出来るまで5分くらい歩く。

獣医さんは、屈伸運動が良いと言ってた。

P7234144

遠くのオヤツめがけて、お座りからのーー!

立てーーー!

P7234145

よし!!

今日も運動を欠かさない拓さんでした。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

拓、尻を洗われる

今日、拓さんは朝ごはんの準備中に、

久しぶりにうんPをもらして、その上に座ってしまい、

朝ごはんお預けで、お風呂でお尻を洗われました。

P7134111

こんな風にね、すぐに倒れちゃうからね。

でも、拓さんの良いところはね、受け入れちゃうの。

立てない時はコロンと横に倒れて、起してもらうのを待つの。

声も出さず、穏やかな顔で待つの。

お尻が汚れちゃったら、素直にお風呂に歩いて行く。
リフォームして、風呂の入り口の段差もなくなって、
床も滑らないからか、以前のように嫌がらないし
シャワーも節水タイプで空気が含まれたお湯だから
当たりが柔らかいらしくて、大人しくじっとしてるの。

お尻が汚れてしまった事は理解してるみたい。
何でお風呂に行くか、ちゃんと分かってるみたいなの。

拓さんは、ちゃんと私たちを頼って身を任せてくれるから
今はそのことが、すごく嬉しいし、愛おしい。

P7134108


拓さんの体重を量りました。
全盛期で、16.0kgくらいがMAXだったけど、今はずいぶん減りました。
4月の健康診断の時で12.6kg、昨日は13.0kgでほとんど変わらず。
でも、痩せていなくてよかった。
その分、私が3.0kg減っていました。

なので、衰えたのは私の方でした。(汗
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

ナックリング

昨日、散歩中に足先から流血した拓さん。

ナックリングといって、歩く時に足の裏が地面に着かず、足の甲を地面に擦ってしまう
歩き方になってしまうのです。

昨日は包帯を巻いて歩いていたのですが、ネットで良い物を見つけました。

P4144011

左足の甲の部分も、削れて毛が無くなっているのが分かると思いますが、
右足の方がナックリングがひどくて今回はけっこうな量の流血でした。

右足に装着しているのは、ナックリング防止のサポーターです。⇒「ナックルン

これが優れもので、犬具もこんなに進化していたんだと驚きました。
装着すると、足先がぐっと上に上がるようになっているのです。
内側は柔らかくて、足に負担もなさそうです。

過去にナナの散歩が長すぎて、前足に靴を履かせていた事がありますが
あの頃とは比べ物にならないくらい高性能です。

夜の散歩の前に部屋の中で練習です。
(ニイナが横目で見ています)

P4144012

最初は少し違和感?

P4144013

歩きはじめは、足を高く上げてしまいましたが

P4144015

すぐに普通に歩いたので、とりあえず右足だけ装着して夜の散歩に行きました。

足裏は厚いゴムで滑らないし、素足ではマンションのスロープもツルツル滑っていたのが
滑らず歩けました。

右足に慣れたら、両足に履かせようと思います。

今は老犬介護用品がすごく充実していて、有り難いです。
これを作ってくれた人に心から感謝です。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

揉みたい。

寒くなって、拓さんの体は、朝起きた時に震えたり
後足のももの筋肉がカチカチに固まったりしています。

散歩の前には、足先を手で包んで、握ったり開いたりして
温める事から始めて、順にマッサージをしてほぐさないといけません。

拓さんは、マッサージが好きではありませんが、
朝は大人しく足を揉ませてくれます。
本人も体の強張りを感じているのでしょうか。

PB263861

出来れば、毎日全身をマッサージして血行を良くしてあげたいのですが
朝以外は、すぐに逃げ出してしまうのでチャンスがありませんでした。

でも昨日、午前中にリビングで拓さんの首から肩を優しく撫でていたら
拓さんの腰が落ちて来たので、そーと犬用ベッドに押し倒し(笑)
「やぶさかではない」顔だったので、マッサージを始めると
そのうち、「ぐーぐー」寝てしまい、30分以上マッサージが出来ました。

PB263862

ニイナは、「揉む?」と聞けば、すぐに横たわってくれるんだけどね。

拓さん、これからは揉ませてもらいますよ。



テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

坂ではなく、階段。

いつか、どこかのブログで

老犬は、坂を転がるように衰える・・・みたいな記事を読んで
そうなのか?と、怯えた。

今、拓さんを見ていて、そんな事もないのでは?と思っている。

確かに、「あれっ?」と驚くくらい急に、よろよろする時もある。
でも、そこから下っていくかというと、そうでもなくて
良い感じに上がってくる事もある。

PB203842

ここ最近(10日間ほどだが)は、散歩から戻ると、少しだが走り回ったりもする。
お腹の調子が良いので、ちゃんとお外でお仕事をして
すっきりするのだろう。

PB203854

今日からまた寒くなって、少しお腹もゆるくなってしまい心配だが
体が慣れれば、またきっと上がってくれると思う。

坂を転がるのではなく、階段を1段ずつ下りる感じかな。
時々、3段くらい落ちてしまっても、1段上って・・・
今の拓さんは、そんな感じです。

PB203855

上の写真を横から撮ると、こんな感じです。

拓さん、近い近い(笑


テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット