車用品

拓さんが来て、どうにも身動きがとれなくなり買った車。

その車のリアシートには、犬が落ちないようにカバーがかけてあるが、何か気に入らない。
ゴワゴワしているし、何より犬の体が固定できない。

もっと犬が落ち着けて、急ブレーキをかけても安定しているような物はないか?

犬用シートベルトを買おうか、コレを買おうか迷った末・・・・・コレにした。



今日届いたので、ビニール臭いから寝室に出しておいたら、拓さんが・・・・





           「おいら、今夜からコレで寝るの?」





拓さんのベッド・・・これで十分だったかな?



一進一退

拓さんの左前足に、歯でガジガジした傷があります。

気をつけて見ていないと、自分でなめてしまい、せっかく乾いた傷から血が出ていたりします。

いつもは、舐め始めたらそっとティッシュで押さえて、止めさせるようにしていますが
見ていない所で舐めてしまうので、今日は滅菌ガーゼを当てて包帯を巻いてみようと
思いました。


             「父ちゃん、おいらも食べたい」



以前包帯を巻いた時、思いっきり心を閉ざされたので慎重に・・・・・

ナナの場合、初めての事をする時は、これからする事をよく説明して「痛くないからね」
と言えば大抵の事はOKです。

拓だって、訳もわからずやられるから怖いのだろう。




説得を試みる・・・・・

さらに、説得する・・・・・

「さあ、手を出して」

拓の左手が、私の手のひらに載った。(成功か?)


傷の上に、ガーゼをチョン。

「ウガー」と声を上げて、玄関まで逃げてゆく拓さん・・・・・

拓さん、ティッシュでギューって押さえるのは良くて、ガーゼをチョンと載せるのは駄目って
どういう心理状態なわけ?


何度呼んでも、しばらくの間玄関でお座りして動きません。
その後はソファーで寝ていても、私が近づくとビクッとして顔を上げます。

信頼失っちゃったな・・・・(あったのか?)



また一から出直しだ。

拓さん、どんなに時間がかかってもいいよ。
でも10年後くらいには、私の事を心から信じて欲しいな。

私も、拓さんをまだ疑う時があるからね。(こいつ、噛む気か?なんて疑ったりするし)

拓さんの信頼を得るためは、私がまず拓さんを信じないとだね。

一緒にがんばろうね!拓さん。



犬小屋

拓さんが家に来たとき、1番に買ったのがコレ

ソフトゲージです。




以前はリビングにあったのですが、あまりに邪魔なので
今は私の仕事部屋に移動して、すっかりナナの物になっています。

今日のような、雷の時はコレがすごく役にたちます。
とにかく震えが止まらないナナさんですが、ここに入れば少しは落ち着くようです。

買ったときは、すぐに使わなくなるだろうと思っていたのに、ものすごく役に立っています。



雷ですっかりストレスを溜め込んだナナさん、夕方の散歩は歩く、歩く。

拓も私もヘトヘトになりました。

で、ナナさんが向かった先は・・・・


                 「店長、なんか頂戴!」


夕飯前のお二人さんは、1週間食べていない野良犬のような食いっぷりでした。




姉弟愛

今日、拓さんは狂犬病の予防注射に行きました。

押さえ役の旦那は、朝から「嫌だなー、嫌だなー」とブルーになっていました。

でも、近所でたぬきが目撃される今日この頃・・・やはり予防注射は必要かも。


                    恐怖で耳が裏返る拓さん

病室に入ると、女医さんが待っていてくれました。

拓さんは、ドアのところで腰が抜けそうになっています。

まずは、旦那が押さえて・・・・(ドタバタ、ドタバタ・・・・押さえられません)

ならば、私が・・・・(ウガー、唸る拓さん。弾き飛ばされる私)

ならば、先生が・・・・(ビチビチビチ!おまえは採れたてのカツオか?)

しばし休憩。 「ハァ、ハァ、ハァ」息遣いも荒く、私達はすでにクタクタです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すると先生が、「向こうの部屋で、打ってきてもいいですか?」と拓を連れて行ってしまった。

取り残された私達は、いつ拓の悲鳴が聞こえるのかと耳を澄ます。

すると、楽しそうな笑い声、間もなく拓が全速力で先生を引っ張り帰って来た。

あっけにとられていると、「拓ちゃん、男の人好きですか?」と先生。

その部屋にいた男の先生が顔の前であやしてくれてる間に、あっけく注射できたそうだ。

女は、嫌いか?

なんか狐につままれたような気分で病院を後にしました。


            「おいら、男らしくガマンしたよ」 (うそつけ!)



ちょっと感動したのは、いつもは拓に対して何の気遣いも見せないナナですが

暴れる拓を押さえている間中、「止めてあげて」と不安な顔で訴え続け

拓が別の部屋に連れて行かれたときは、必死に後を追いかけて

拓が戻ってくるまで、ずっと小さな声でないていました。

帰って来た拓を嬉しそうに迎えて、拓のエリザベスカラーに顔をぶつけたナナさん。

姉弟愛。あったんだね。


             「この病院、オヤツくれないのー?」 byナナ


ナナも拓もとっても偉かったから、帰ってからおいしいオヤツをあげました。
  


正面から向き合うこと

昨夜、同じマンションの犬を飼っている家の奥さんに、「肛門腺のしぼり方」を聞かれた。
実は、私はしぼった事がない・・・・・ごめんなさい、奥さん。

昨日は、犬達のシャンプーの日だった。
犬を迎えに行って、トリマーさんと話をしていたら

「拓ちゃんは、まだ体触られるの嫌がりますねー」
「肛門腺をしぼった後は、もうお尻に触らせてくれなくて」と、トリマーさん

「肛門腺、しぼってくれてたんですか?」と私・・・・

拓のシャンプーをお願いする時、怖がりな事、歯をあててくるから無理はしないで欲しい事
洗ってくれるだけで、ありがたいのだから爪切りなどはしなくていいと話してある。

毎回、「拓に噛まれませんでしたか?」と確認する。
「もし、歯を当てるようなら、拓のシャンプーは自分でしますから」と聞いてみるのだが
その度に、「大丈夫ですよ、プロですから。でも、爪だけはどうしても切らせてくれません」
と笑顔で答えてくれる。

当然、肛門しぼりなどしてくれていないと思っていた。




私は、激しく反省した。



噛むかもしれない犬の肛門腺を、しぼってくれていた。
(しぼってくれていたんだ・・・)
感動に言葉を失う私。

「けっこう溜まりやすいみたいです」とトリマーさん。
(知らなかったよ、溜まりやすいのか・・・・)
知らなかった事に、ショックをうける私。

爪切りまでチャレンジしてくれた・・・・
(チャレンジしてくれたんだ・・・・)
また感動する私。



ほんとうなら、私がやらなくちゃいけないのに。
拓の体の状態は、私が把握していなければいけないのに。



              こういう事は、全然嫌がらない拓さん




私は、拓さんを正面から見ていたのだろうか?

怖がりだと決め付けて。

無理をさせたくないんじゃなくて、自分が無理をしたくないだけなんじゃないだろうか?









「拓さん、爪・・・切らせて」

「・・・・・・・・・」

「あぁ、拓さん、拓さーーーん、戻ってこーーーい」






仕返しだ

父ちゃんが出かけると、玄関で待ち続ける拓さん。

でも、私が出かけても・・・・・玄関には来ない。

それでも、帰ってきた時は、廊下をダーと走って迎えに来てくれる。
(よし、よし、いい子だ)



ヒュー、ドロドロドロー

なんか、これ怖いよー




が、先日とうとう「お帰り!」のお出迎えも無くなった・・・・・

どういう事? 激しく動揺する私。



               「うーん、うーん、体に何かついてるよー」



うなされるがいい・・・・

仕返しだ。







ほーら、母ちゃんを粗末にすると頭からへんな物が生えてくるぞー




浮気

うちのお子達は、よく動物病院に行く。

ナナは、今の病院をドッグカフェと勘違いしていて、毎日でも行こうとする。
先生もとても良くしてくれるので、今のところ病院を変えるつもりは全くない。

しかし、今日はその病院が休みだった。
そんな日に限って、ナナが耳が痛いという。

私の中の、浮気心が・・・・・

別に、他の病院に行く事は悪いことではないのだろうけど、いつもの先生に悪いような気がして
(一度行って見たい病院だったし、今日はいつもの先生も休みだし、拓の事もあるし・・・)
自分で自分を説得して、別の病院に行ってみた。



「お耳が痛かったの」

「ちょっと赤くなってるけど
        なんでもないって」

「いい子で治療したご褒美は?」











想像していたより、広くてキレイで親切で・・・気に入った。(浮気が、本気に?)



さて、問題はもう一方のお方・・・・

拓は、ワクチンは打ったけど、狂犬病は少し時間を置いてからという事で、まだ打っていない。
出来れば今日やってもらおうと思っていたのに、病室のドアにへばり付いて腰が抜けそうに
なっている。

先生が、体に触ろうものなら、歯をあてようとする始末。先生も苦笑い・・・・
無理に打って、心臓発作でも起こしたら大変だからと今日はやめる事になりました。
噛み付き防止に、エリザベスカラーをつけようという事で、今日はその練習?のみでした。

何があったんだ、拓?

これじゃぁ、病気になった時、十分な治療を受けられない。
無理をさせず、慣らせば、慣れるものだろうか?








「おいら、注射きらい」

「押さえつける母ちゃんは、もっと嫌い」










帰りに光が丘公園に寄って、気晴らしさせて帰りました。

あ、もちろんナナは”JeJeCafe”さんに向かって、グイグイ歩いて行き、隣の小僧寿しに入ろうとしていました。
何があっても、食欲は落ちない子ぉです。





たまには浮気も、楽しいですね。



タイミングの悪い日

朝起きて、雨が小降りだったから
急いで顔を洗って散歩に出ようとしたら、土砂降りになっていた。

しばらく待って、雨が小降りになったので
犬達と散歩に出たら、バケツをひっくり返したような雨になった。








それを最後に、雨は止んだ・・・・・

今日は、タイミングの悪い日なのだ。





夕方の散歩から戻った旦那が、ものすごく怒っていた。

拓も、ほっぺをふくらませて、フーフーって息をはいている。
旦那は顔が真っ赤で、拓は耳の内側が真っ赤になっている。

また、先日のノーリードの柴犬が拓に噛み付こうとしたらしい・・・
とっさに犬を背に隠して、旦那が追い払ったらしいが、飼い主に対してかなり頭にきたらしい。

困ったな。会えばまた襲われる。
もう2度と、拓が噛まれないように守ってあげないと。

でね、考えたの。武器・・・・

スポーツ飲料で、ピューって中身が出るのがあったから、それに水入れて持ってるの。
普段は、拓がシッコかけちゃった電柱とかに、水をかけるのに使ってるんだけど
それって、犬が噛みに来た時、ピューって顔に水かけたら逃げてくれるかな?

自分的には、どうよ、それ?って、自信満々なんだけど・・・

相手の犬、逃げてくれるかな・・・・





雨の日は

憂鬱なナナさん。



1日中こんな顔で、耳を澄ます。

遠くで聞こえる飛行機の音を、雷の音と思い込んで、震えてしまう。
テレビのニュース番組で流れる、台風の風の音にさえ、怯えてしまう。

できるなら、ナナが捨てられた瞬間に、抱き上げて連れ去りたかった。
長い放浪などという、いらぬ苦労はさせたくなかった。

ナナのこんな顔を見るたびに、申し訳ない気持ちになる。




一方、雨の日でも陽気な拓さん。



1日中、惰眠をむさぼっておりました。

拓さんだって、心の傷は深いはず。
それでも、それを顔に出さず運命を受け入れる潔さ。




そんなお二人さんは、今日も旦那にもてあそばれております。





甘え方いろいろ

今日の夕方、ラッパンドッグに行きました。

私達の食事が終わる頃、ラブ連れの人とMIXの子?連れの人が入ってきました。
とても愛想のいいラブちゃんで、飼い主さんのヒザの上にベターって乗っているのを見て
モーレツに羨ましかったです。

うちのお子達は、無理やりヒザ枕させる事はあっても、自分からヒザの上に乗ってくる事は
ありません(涙

これから、寒い冬です(まだ、先だけど・・・)

甘えん坊にするには、どうしたらよいのでしょうか・・・・・


ナナさん愛用の、羊さんの枕・・・・拓さんも、これがいいらしいです。

羊さんの枕になりたい・・・・





新しいベッドに、昼間から寝る拓さん

気に入って頂けたようです。





今朝、ソファーの上のタオルを取り替えようとしたとき、ナナが退いてくれないから

旦那がナナをお姫様だっこして退かしていたら

拓さんがとんできて、後ろ足で旦那を何度も蹴っていました。

もしかして、これが拓さんの甘え方なんでしょうか?

そんなの、嫌すぎる・・・・・



拓さんのベッドが

届いた・・・・


ドーーン!   デカイよ・・・場所とるよ・・・(涙

これで、ナナと平等だな。

でも、きっとナナに新しい方とられるんだろうなぁ。



「何か、言った?」 byナナ

「いえ、何も言ってませんよ・・・」 by母




拓さんの首は、腫れることもなく、大丈夫みたいです。

昨日ガマンしたご褒美に、ぽんずかふぇでいつもより多めのワンコ飯食べました。



「おいらのご褒美なのに、
     ナナちゃんいっぱい食べちゃった」








「ここからは、ナイショ話」

今日、昨日の柴犬が遠くに見えたんだけど・・・・・

なんと、なんと、リード付けてたよ。

あれ程、皆に言われても付けなかった人がだよ。

少しは、反省してくれたのかな?拓ちゃん、お手柄かもよ。


男の中の男 Part3

今日の夕方は、この子と一緒にお散歩に行ったのよ。

ご存知の方も多いわよね。 コマちゃん!

おやつをもらって、お子達はご機嫌。


楽しかったわ。

ナナはコマちゃんとバイバイした後、ぽんずかふぇに行こうと右に曲がってしまったの。

(今日はお休みなのよ、ナナちゃん残念ね)と心の中で思いながらも、そのまま右に歩き出した。

そう、あの時左に曲がれば、あんな事には・・・・・




シュナウザーってどんな顔?

イメージで作るとこんな感じなんだけど・・




少し歩いて、道を曲がったところで柴犬に会ったの。
その子とナナは、何度も会ってるけど、拓さんは初めてのご対面。
実はね、その子、いつもノーリード・・・・・・・

ご挨拶をと、ナナと拓とその柴犬君とで鼻先を合わせてクンクンした、その時!!!

犬が拓さんに噛み付いた。

拓さんは、驚いて逃げようとするけどリードがあるから、うまく逃げれない。
犬は拓さんの首に噛み付いて、拓さんにぶら下がっているし・・・・・

飼い主さんは、犬の側にも来ないし・・・・
その犬と拓さんの間に入ろうにも、かなりの接近戦で隙間がない。

拓さん、3回くらい首を噛まれました。
その犬も本気じゃなかったらしく、首の皮膚が赤くなっただけだったけど怖かったわ。

災難だったね、拓さん。
でも、拓さんは怒らなかった。止めろよって感じで、かわそうとしてた。
偉かったよ、拓さん。やっぱり拓さんは「男の中の男」だねー。






帰宅後、ごはんを待つ拓さん





同じく、メシまだ?とナナさん








でもね、1番怖かったのは・・・・・・

そんな、男達の争いの中で、全く動じることなく、笑顔のナナさん・・・・・

笑ってた。確かに、ナナは笑ってたのよー。



馴染む

拓さんの体は、相変わらず骨々です。

なんとか体重を増やそうと、フードを変えてみたり量を増やしてみたりしたけど全然太りません。

体力は付いてきたようで、散歩でバテる事はなくなりました。

あとは、筋肉がついてくれば痩せていてもいいかな・・・・と思い始めています。


             旦那に”タマタマ”を隠してもらう骨男の拓さん


夜ソファーに座って、拓さんを撫ぜるのは私の右手です。
その骨ばった体に、私の右手はいつも違和感を感じていました。

左手に感じるナナの体は、心をほっとさせる感じ・・・・・

でも、右手に感じる拓さんの体は、なんか違和感・・・・・




昨日、その違和感がなくなっている事に気づきました。

右手に感じる、拓さんの体温が心地いいのです。

毛のうすい拓さんは、さわるとすごくあったかくて、ナナとは違う安心感があります。

私の右手は、すっかり拓さんの虜になったようです。





チワワ人形を作りたかったのに、
拓さんの顔を見ていたら、顔が細長くなって
全然、チワワに見えません・・・・

チワワって、どんな顔だっけ・・・?




校舎の裏に呼び出され・・・

わが家は、犬の寝床だらけだ。
各部屋には、最低3個の犬がねっころがれるスペースが設置してある。
ナナと拓は、それらを上手いこと譲り合いながら暮らしている。



コナキジジイ・・・?

教訓1 何か作るときは、何を作るか決めてから始めよう。




ナナがずっと愛用していたソファーの場所も、今では拓が自由に寝ている。
多頭飼いが初めての私は、「犬って譲り合う生き物なのね(食い物以外は)」
と少しばかり感動していた。


しかし、寝室での寝床だけは別のようだ。

寝室に置いてあるナナのベッドは・・・実は・・・高級ベッド。

それに対して拓の寝室でのベッドは・・・実は・・・センベイ布団なのだ。

最近なのだが、拓がナナのこのベッドに寝ることが多くなった。
夜の散歩から帰ると、拓はまっすぐ寝室に行ってこの高級ベッドで寝てしまう。

ナナが来ても退かないので、ナナはセンベイ布団で寝る事になる。
ナナの顔を見ると、”あきらかに不満!ものすごく不満!”な顔をしている。

そんな事が、ここしばらく続いていた・・・・・



昨夜は、旦那と拓が早くから寝室で寝ていました。

しばらくして、私とナナが寝ようとした時、その音を聞いた拓が”ガバッ”と起きて
センベイ布団に移動したそうです。

旦那は「お前、拓に何言ったんだよ?」って私を責めますが、私は何も言ってません。

という事は・・・・・・


「父ちゃん、おいらナナちゃんに、校舎の裏に呼び出されたんだ」

「あたいのベッドに寝るなんて100万年早いって・・・」

「父ちゃん、おいらにもベッド買ってよ」





父ちゃん、拓のベッドよろしくお願いします。  by 母



想像だけど

散歩の時、大人しく歩いていた拓(タク)が

突然、見知らぬ人の方に行こうとしたり、見知らぬ人をじっと見て動かなくなる事がある。

大抵は、40代くらいのスーツを着たサラリーマン風の男の人。

そんな時、拓(タク)の前の飼い主ってこんな感じの人だったのかな?って想像してしまう。



女の人に対しては、そういう事は全くないから

きっと、パパが可愛がっていたんだろうな・・・・

今でも、会いたいんだろうな。



大好きだった前のパパの事は、忘れなくていいけど、前を向いて歩いていこうね。

これからだって大好きになれる人に、沢山会えるよ。

拓(タク)はわからないかもしれないけど、沢山の人が心配して応援してくれたんだよ。

拓(タク)はしあわせ者なんだよ。





「あの、ちょっといいですか?」

「何勝手に想像してるんだよ」

「母ちゃん、妄想癖でもあるのか?」




えっ?違うの?




男の中の男 Part2

拓さんは、ビビリだ、ビビリだと言いふらしているような気もしますが
そんなビビリな拓さんだから、頑張った時は感動も大きいんです。


              「さっき外に出たら、急に雨降ってきたよ」 
               
                (すっかり、体調もよくなり食欲も旺盛です。)



拓さんは父ちゃん子ですが、大好きな父ちゃんに逆らって、母ちゃんを守ってくれた事があります。

あれは拓さんが来て、2週間くらい経ったときのことです。
その頃の拓さんは、旦那のことは大好きで、私のことは、「びみょー」って感じでした。
その日私は何か失敗して、旦那にものすごい剣幕で怒られたんです。

拓さんは、いつも夫婦喧嘩のときは怖がって玄関に避難してしまいますが
その時の拓さんは違いました。

拓さんは、怒鳴られている私の前に来て、私を背中にかばう様に座り、顔を上げて
まっすぐに旦那を見たんです。
(たじろぐ旦那・・・)

すると、ナナまで私のわきに来て座り、同じように旦那を見ました。
(言葉を失う旦那・・・)

3対1

「何だよ!俺が悪いのかよ!?」と荒げた声が裏返ります。
(可笑しくて笑いたかったけど、必死にこらえました)


拓さんが私の味方をしてくれたのは、それ1度きりですけど
あの時私は、本当に嬉しかったです。

やっぱり、拓さんは「男の中の男」なんですね。



体調不良

今朝から拓の様子がおかしい。

耳を後ろにつけて、気弱な顔つきで見上げてくる。

なんか変だなぁと思っていたら、朝食後、口の辺りを手で掻きむしっている。

時々はあった事なので、いつものように歯茎の横あたりをそっと撫でてあげても、今日は治まらない。



 
小鹿?





1日中、顔を気にして落ち着かず、顔つきも情けない。

アレルギーか?まさか・・・・

病院嫌いの拓なのに・・・血液検査・・・塗り薬・・・注射・・・・ぁぁぁぁあああああああ!

と私の頭の中では、あんな事やこんな事まで。


             すぐお腹を見せるナナと、踏ん張る拓さん


フードが原因なら、食べた後また同じように掻きむしるだろうと、恐る恐る夕食を差し出す。

始まった。掻き始めた・・・・あぁ、やはりアレルギーなの?

と石のように固まっていたら、拓の顔を撫でていた旦那が叫んだ。


「鼻水!!ティッシュ、ティッシュ」

拓さんのお鼻から、大量の鼻水が・・・・

ティッシュでお鼻を拭いてもらってからは、大人しく寝ています。



急激な気温の変化に、ついてゆけない拓さん。



お大事に・・・



ため息

朝5:30、ナナがいろんな音を立てて、私を起こそうとしている。

声は出さずに、ドスンと床に何度も座ってみたり、わざと敷物のないフローリングの上を歩いて
カチャカチャと足音をたててみたり・・・・・

目を覚ました私が体を起こすと、すかさずベッドに飛び乗って私の枕を抱え込む。
そうすれば、もう私が寝る事が出来ないと思っているようだ。




 マントヒヒ風?





拓はというと、起きない。全然、起きない。

私が散歩に行く用意を終えるギリギリまで寝ていて、首輪をつけて玄関まで行く途中で
また寝室に入って寝てしまう。

ナナは、玄関でエンジン全開でスタンバイしてるのに・・・

目を覚ました旦那に、追いたてられてやっと出てくる。

そして、リードを付ける私の顔をみて、「はぁーーっ」とため息をつきやがった。



拓ちゃん、早起きして頑張ろうね!







ちびりん坊倶楽部

うちのお子達がちびってから、続々と、ちびり情報が入ってくる。

なーんだ、うちのお子達だけじゃないじゃんと喜んでいたが、何故か飼い主達は
その事実を認めようとはしてくれない。

まだ地下組織なのだが、”ちびりん坊倶楽部”なるものが出来つつある。
ぽんずかふぇには、すでに会員証の見本まで届いているらしい。

現在、会員5匹 秘密厳守します。

皆さん、カミングアウトしちゃいませんか?


               「初代、ちびりん坊倶楽部 会長 拓八兵衛」







遺失物

拓は、一度警察に届けられた犬です。
警察に確認したところ、書類上は遺失物と同じなので、半年と14日は前の飼い主さんの犬
なわけで、私はまだ拓を家の犬として登録する事が出来ないそうです。
少し疑問に思うのは、もし引き出さなければ3日後には保健所に行って・・・・
その場合は、半年と14日の保管義務は警察署にはないのでしょうか?
(現実的に考えれば、無理なのは、わかりますが・・・)

拓が、迷子なのか捨てられたのかは今だに謎のままですが、これだけ存在感がある子が
家から居なくなるという事は、かなりの喪失感があるはずです。
もしかして、いつか誰かが拓を迎えに来たりするのかなと時々考えます。



                少し、距離が縮まったお二人さん

上の写真は、他の人が見たら雑種の犬がソファーに寝ているだけの図なのですが
飼い主からすると、間にイス1つ空けてしか寝なかった2匹が隣同士で寝ているという事が
すごい事なのです。
これは、シャンプーから帰った後の2匹なのですが、何故かシャンプーに行く度に仲良く
なっている気がします。

人間の場合、恐怖体験を共有すると仲良くなるって聞いたことがあります。
それと同じなのでしょうか?

中学生の頃、好きな子と遊園地のジェットコースターに乗れば恋が実ると聞き
手当たりしだいにジェットコースターに乗せていた事を思い出します・・・(遠い目)


私のいろいろな想いをよそに、お子達はとても元気に過ごしております。
昨日は、ナナちゃんリクエストの”ぽんずかふぇ”に行って1周年特別メニューを頂きました。
おいしかったですよー。ぽんママさん。ごちそうさまでした。


シャンプーしたのに

今日は、シャンプーの日

フワフワになったナナと、ピカピカになった拓(タク)

なのに、外は雨・・・・・・


                     ヒョウとシマウマ

こんな日は、お家の中でトイレが出来ればなぁと思う。

でも、ガンコなナナは決して家ではしてくれない。(お漏らしは、2人とも得意なくせに)

ナナのために買ったシマウマの合羽。

ナナにはあまり似合わなかったけど、拓(タク)ちゃん、似合うよー!

さぁ、お散歩に行こうね。