頼れる男

またしても雷! 誰か止めてください・・・・


最近は、拓さんが以前より雷を怖がるようになってしまい
その代わりにナナが、少し強くなりました。
昨夜ナナが拓を追って、雷雨の中を走ってきたのには驚きました。
以前のナナだったら、玄関に座り込んで震えていたはずです。

ナナにとって拓は、どんな存在なのでしょう?

ナナと拓を見ていると、犬は縦社会で上下関係が云々という話も
どうなのかな?と思う事があります。
犬同士は、そんな事気にしていないように感じます。


家の中ではいつも拓をかばう、姉さんナナですが
外に出ると、拓さんをとても頼りにしています。

今夜も、雨の気配に怯えながら歩くナナは
拓さんが少しでも遅れると、立ち止まって待っていました。
拓が心配で待つというより、拓がそばにいないと怖いという感じで
拓が隣を歩いていると、尻尾が上がり足取りが軽くなるのです。

拓さん、頼られてます。


7-3-53.jpg

 (午前中、雷に怯えるナナ拓)

二人でいれば、怖さも半減するようです。



鬼母

今日の東京の天気は、何かの罰ゲームですか?

7-3-43.jpg


昼飯を食べて、皆で選挙の投票に行った。

投票所目前で、雷&土砂降りの雨。
びしょ濡れのまま水を滴らせながら投票場に入ったら、係りの人に嫌がられた。

近くの都営アパートの駐輪場に避難したら、アパートのクソガキお子様に追い出された。

心が、ヤサグレてしまいそうです。

7-3-41.jpg



夜、また雷雨。
雨は朝まで止みそうもない。

7-3-44.jpg

  ↑ナナは、耳を立てたまま石になっている

夜の散歩は中止したいけれど、今日に限って拓さんがうん○をしていない。
拓さんだけ、外に連れ出す事にした。

雷雨の中、拓さんは歩くのを嫌がり後ろを振り返ってばかりいる。
そんな拓さんを、無理やり歩かせる鬼母。

やっと草のあるところに辿り着き、さぁ拓さんお仕事頑張って!という時
オレンジのマントを羽織った、狸のような動物がものすごい勢いで飛び出してきた。

「・・・・・」

ナナさんが全速力で追いかけてきたのだ。
ナナと父ちゃんを見た拓さんは、それはそれは大喜びで
「母ちゃんが、おいらを苛めたんだ」と大袈裟に訴えていました。


私、すっかり悪者です。。。


結局拓さんは、うんをせず帰宅。
ナナもシッコもせず、帰宅。
家でトイレが出来ない子は、こんな時本当に困ります。


トイレをしないで寝るのは、なんだか心配です。
明日の朝は、出来るだけ早く起きようと思います。





追伸
深夜雨が一時止んだので、無事トイレを済ませてから寝る事が出来ました




原因は?

今朝、散歩から戻った旦那が、何やら大騒ぎをしていたのだけれど
寝起きだった私は、何を言っているのか理解できなかった。

やっと目覚めて話を聞くと
ナナが、「オヤツいらない」って言ったんだそうな。

7-3-33.jpg


ナナがおやつを食べない?

えぇ~~!?

ナナさんがオヤツを拒否するなんて、有り得ない。
どんなに具合が悪くても、ごはんとオヤツはしっかり食べる子なのに。

その後、朝食はしっかり食べたものの、元気がないし
時々、気持ちが悪いような仕草をする。

思い当たる事といえば・・・・

えっ?昨日私が作ったおやつ?

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・  


でもでも失敗作だから、ほんの少し食べさせて殆ど捨てちゃったし。
昨日の昼に食べて、夜まで元気だったし。
ほんとに、ほんとに、食べたのって少~しだったし。
と、言い訳をしてみた。



7-3-26.jpg


お腹が張っていないか確かめようと、お腹を撫でていると
お腹より胸を撫でて欲しいと言うナナさん。
体中触ってみたけど、張ってる所も痛がる所もありませんでした。

胸焼けか?


今日は、硬いオヤツは無理だから鳥のササミでも茹でて食べさせようか?という事になり。

どうせなら、美味しい鶏肉をという事になり。

旦那は、うだるような暑さの中
遠くの鶏肉屋まで、自転車で買いに行ってくれました。

(ご苦労様です)


すると、あら不思議。
おいしい鳥肉を食べたナナさんは、見る見る元気になり
尻尾をプリプリ振りながら、散歩に行くと言い出しました。

原因はよく分かりませんでしたが、元気になってくれてよかったです。

おやつが原因でない事を祈ります。。。

手作りおやつ

こんなに暑い日は、外に出れず退屈なお子達。
なにか、喜ぶ事をしてあげたい。

で、「タコスの皮 お犬様バージョン」を焼いてみた。

7-3-14.jpg


香りづけに、黒ゴマを入れてみました。
味見をしたけど、・・・まずっ!

「すまん、拓。失敗した!」

7-3-18.jpg

      「失敗作でもいいから、とりあえず下さい」


では、どうぞ。

7-3-19.jpg



7-3-20.jpg



コーンフラワーが無かったので、強力粉と薄力粉とゴマだけで作ったので香りが弱い。
失敗作なのに、美味しそうに食べてくれました。


こんなに喜んでくれるなら、次はもっと上手に作ろうと思うナナ拓母です。


テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

誤算

今日は、拓さんの混合ワクチンを打ちに病院に行った。

7-3-3.jpg


病院に行くと分かった時から、「フ~ン、フ~ン」とずっと鼻鳴きしている拓さん。
待合室でも鳴き続け、他の犬の飼い主さんに笑われていました。
肝心の注射は、皆に励まされながらあっという間に終了。

もう、ほんとに弱虫なんだから!

7-3-4.jpg


ついでに、ナナの血液検査もしてもらう事にしました。
拓の先生は、採血がすごく上手!

「痛くないよ~」とナナを診察室に連れて行くと
拓の先生が、「僕が押さえますから」とナナを抱き上げた。

「????」(先生が押さえて、どうやって採るの?)

見ると、新人らしき先生が注射器を持っている。

(うそ~~~~~~ん!!)

案の定、新人の先生は採血に失敗。
何度も針を刺されて、中で針を動かすので、ナナは痛くて泣いてしまいました。
「もう止めて」と思った時、拓の先生が「針を抜いてください」と言ってくれて
交代してくれました。

上手だから、お願いしたのに・・・
まさか、新人の先生の練習台になるとは、大きな誤算でした。


7-3-7.jpg


すっかり凹んだ2匹。

新人の先生、早く採血上手くなってね!


テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

お迎え

夕方、まだ暑さが残っていたけれど
ナナも拓も散歩に出たいと、お座りをして訴えます。

「暑いから、遠くには行かないのよ」と言ったのに
日陰をうまく歩いて、どんどん進むナナさん。
石神井川の歩道まで行き、そろそろ帰ろうとした時
父ちゃんがお迎えに来てくれました。


7k-23.jpg


拓さんは、散歩の途中で父ちゃんが迎えに来てくれるのが
何より嬉しいのです。

7k-26.jpg


暑くてヘトヘトだった拓さんの、足取りが軽くなりました。


家に着き、ナナ拓と父ちゃんは正面玄関からマンションに入り
私は、父ちゃんが乗ってきた自転車を置きに、駐輪場がある
マンションの裏にまわりました。

7k-31.jpg

駐輪場までお迎えに出て来てくれる拓さんと、ドアの外には絶対に出ないナナさん。

拓さん、お迎えありがとう。
母さん、とっても嬉しいよ。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

どこまで分かっているのか?

今朝、コマ母から電話があった。
昼にチコちゃんと「ランゾウ」に行くから来ないか?とのお誘いだった。

しかし、私は昨日から具合が悪く、とても行けそうになかった。
私は断腸の思いで「無理!」と返事をして電話を切った。

ふと下を見ると、ナナがいた。・・・まずい。
今の会話を、聞かれた。

いや、いくらナナでも電話での会話は理解できまい。



7-2-71.jpg

       「お待たせ~」 by ナナ


甘かった。
ナナに不可能という文字はない・・・


7-2-74.jpg

          (チコちゃんです)

チコちゃんは、ナナに負けないくらいの食いしん坊だと聞いていたけど
そんなに食いしん坊では、なかったよ。
パパとママの隣で、お利口さんにお座りをしていました。

ランゾウのママが、犬達にサツマイモを茹でてくれました。
ママ、ご馳走様でした!

7-2-68.jpg

(今日1番の食いしん坊は、拓さんだった。コマちゃんもイモを狙ってます。

たらふくイモを食い、この後走りに行くというタフな両家と別れ
ナナ拓は家に帰りました。


ナナが電話を聞いていたのか確かめたくて、ランゾウのラの字も口にせず
普段の散歩と何も変わりなく、外に出たのに。
ナナさん、恐るべし!

コマ家&チコ家の皆様
突然参加のナナ拓を、可愛がってくれてありがとうございました。

ニコニコで帰宅したナナ拓は
夕飯の後は、仲良く眠ってしまいました。


7-2-80.jpg


とても満足そうな寝顔です。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

犬飼いの靴

最初に、お詫びと訂正を・・・
昨日の日記で、スイカはリンゴの2.5倍のカロリーと書きましたが
正確には、
「ナナ拓が食べているスイカとリンゴのカロリーを比較したら2.5倍だった」の間違いです。
書き方が変ですみません。
スイカ好きの皆様、スイカは決してカロリーが高いわけではないので
安心して、バクバク食べちゃってください!
美具ママさん、大丈夫ですよ~~~~~~


7-2-55.jpg


さて、今日はナナ拓のシャンプーの日。
そして、必要なものまとめ買いの日でもあります。

今日は、靴を買いました。

7-2-64.jpg


変な靴を履いていると、足が疲れて夜中に足が攣る私。
靴は、クッションが減ってきたらすぐに変えます。

今日は2足買う予定が、3足買いました。
写真右側の少し派手な靴。
どうしても買えと、旦那が言うので買ったのですが
後で理由を聞いたら
「俺が欲しいから」だそうです。

だったら自分で買えばいいと思うでしょう?
ところが、私に試せと言うのです。私が試して、よかったら買うんだそうですよ。
どうですか、この性格!

7-2-65.jpg

       「石橋は、とりあえずおまえが渡れ!」 by 旦那


ちなみに、新しい靴を履くと犬のを踏むジンクスを持っているのは
私だけでしょうか?



食事

最近ナナが太ってきた。
11.8kgが理想なのだが、12.2kgある。
たった400gだが、人間に換算すると2kg近く太った事になる。
ずいぶん神経質だと思われるかもしれないが
心臓と膝が悪いナナを、太らせるわけにはいかないのだ。


ナナ拓は、ドライフードといぬの給食を半分づつ食べている。
食事の用意をする時、私は給食を解凍してトッピングの準備をする係。
旦那はドライフードをキッチリ計る係だ。
いい加減な性格の私は、適当に計るから信用できないのだそうだ。

今朝、旦那がドライフードを取りに行っている間に、給食の他にヤギミルクを用意していた。
それを見た旦那は、怒った!
ヤギミルク何杯入れたの?その分フード減らさなきゃならないんだけど!!!

はぁ?スプーン1杯分だけど、でもそんなにシビア減らさなくてもいいでしょ

戦いのゴングは鳴った・・・

たかが、スプーン1杯のヤギミルク
これが原因で、1日中旦那といがみあう事になる。

実は以前、手作りオヤツの本を買って作ろうとしていたら
「あれは駄目、これは塩分が駄目」と旦那からクレームが付き
とうとう作れるものが無くなってしまった事がある。

そんなこんなで、食い物の恨みが溜まっていたのだ。


7-2-50.jpg


大喧嘩の末、「だったらお前が全部管理すればいいだろう!」と旦那が言うので
ムカついて家にいるのが嫌になり「happy-spore」さんに行ってきた。

ここは、生の馬肉が置いてある店。
いろいろ食の相談に乗ってもらい、とりあえず生肉1kgを買ってきた。

生肉食に切り替えるつもりはないけれど、週1くらいは食べさせたいなと思い買ったのだが
赤身+内臓+ベジタブル+穀物類シリアルを一緒に食べるのが理想。
夕方まで電卓とにらめっこで、カロリー計算と格闘しました。

でも、計算してびっくり。
旦那の言うとおりなのです。
今朝私が、軽い気持ちで作ったヤギミルク。
その1杯をメニューに加えると、何か減らさなければカロリーオーバー。

「私が悪うございました」と旦那に謝り、戦いは終了しました。

ちなみに、カロリーオーバーの1番の原因はスイカ。
りんごの2.5倍はある。
食べすぎ注意です。

裏切り

それは、早朝から始まっていたのかもしれない。
今から書く事は、今日1日分の不幸話である。

朝、雨音で目を覚ました私が見たものは
ベランダでびしょ濡れになっている洗濯物・・・・
昨日は久しぶりに晴れて、山ほど洗濯物を干した。
しかし、あまりに多すぎて、とり込むのが面倒くさくなったのだ。
泣きながら、洗濯をし直すはめに・・・

そんな事は、どうでもいい。

雨の中、犬達の散歩を済ませ朝食の準備を始めたとき
食器棚を開けた瞬間、上の方からグラスが落ちてきた。
私の鼻先をかすめて、下に落ちて粉々に・・・

そんな事も、どうでもいい。

ガラスを片付けて、掃除機をかけてくれた旦那が
ついでだからと、自分のパソコンに掃除機をかけた。
電源を入れても、パソコンが立ち上がらなくなった。

そんな事さえ、どうでもいい。

私の草履の上に、拓がヨダレを大量に垂らした。
気づかずに、履いた。

この時、もしかして今日はすごくヤバイ日なんじゃないだろうかと思った。
そして私は、この後拓さんに裏切られる事となる。

7k-12.jpg


11時半、壊れたパソコンを分解している旦那の邪魔にならないように
少し早いと思ったが、昼の弁当を買いにナナと拓を連れて散歩に出た。

もうすぐ弁当屋という所で、ナナがうん○がしたいと言い出した。
今朝は雨の散歩で、ナナも拓もうん○をしていない事を思い出し
弁当屋の手前の道を曲がり、空き地のような場所に行き、ナナが
拓はしないと言うので、弁当屋に戻ると・・・
弁当は全て売り切れていた。



この後、運命の糸が私を導く。

7k-7.jpg


仕方なく別の弁当屋に移動する途中、ゆるいカーブの続く道に出た。
すると、拓さんが道路の真ん中に移動して、うん○のポーズを!
狭い道だし、カーブが終わってすぐなので車が来たらかなりまずい。
道路の真ん中でなんて、今までした事なかったじゃないか!?
でも、したいんだからしょうがない。
片手にうん○袋をはめて、拓さんのうん○をキャッチしておりました。

えぇ、今日はとっても不幸な日。
思ったとおり、車の迫る音が聞こえてきました。
こんな日に限って、みごとなうん○を披露する拓さん。

車はカーブを曲がり終え、すぐソコまで迫っている。
「やばい!」
そう思った瞬間、拓さんが飛んだ!

7k-10.jpg


道路の中央から、ガードレールの上下のパイプの間に向かってダイブ~!
何故パイプの間なのかは、置いといて。

残された私の状態を、車の運転手目線で説明すると
「片手にテンコ盛りのうん○を乗せた中年女が、道路の真ん中でしゃがんでいる。」

驚く運転手と目が合った。
運転手の目に、犬は映っているだろうか?お願い!犬に気づいて。
私は素早く道のはじによけながら、心の中で彼に語りかけた。
「違う。違うんです。私じゃない。私じゃないんです~!!」


拓さんを見ると
「やった!俺やったよ!」と、ものすごく得意げな顔をしている。


おまえはやったかもしれないけど、母ちゃんは殺られたかもしれないんだぞ!
この裏切り者め~!


不幸はこれで治まった。
しかし、私はいざという時私を見捨てて、自分だけ逃げた
拓さんの裏切りを忘れない。




テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

もうひとつの日記

何でも3日坊主だった私が、1年もブログを続けている。奇跡だ。
最初の目的だった、拓の飼い主さん探しも頓挫し、拓がうちの子になり
その時ブログを閉じてもよかったのだが、欲が出てきた。
ブログは、後で製本してもらう事ができるそうじゃないか。
それなら、少し続けてみようという気になった。

旦那は、「画面の中で見ればいいだろう」というが、私は紙が好きなのだ。
手にとって紙をパラパラとめくりながら、そこに写るナナや拓を
指で撫でながら見たいと思う。

そんな紙大好き人間の私は、もう1つ日記を付けている。
日記というより、メモに近いかもしれない。

5-4-59.jpg


体調や些細な出来事を箇条書きにして、写真シールを貼っただけなのだが
これが後で見直すと、その日の事が思い出されて何とも楽しい。

そのほとんどが、どんなウン○をしたとか、ゲロ吐いたとか
そんな事ばかりなのだが、私にとっては何より大切な記録だ。

7-2-36.jpg


悲しいかな人間は、全ての事を記憶しておく事が出来ない。
そして、考えたくはないけれど、いつかこの子達と別れる日が来る。

その時は何でもないような日常が、私の1番覚えていたい事だと思うから
どーでもいいような事を、せっせと書き込んでいる。
写真シールも可愛く写っている写真より、ナナらしさ、拓らしさ
が出ているものを選んでいる。

ブログは、いつかやめてしまうかもしれないけれど
この手書きの日記だけは、ナナと拓の最後の日まで書き続けようと決めている。

使っているのは5年日記というものだが
2006年1月1日から書き始めた。
拓さんは2006年の6月21日から登場している。
ちなみに前日の6月20日の日記には、ナナが暇をもてあましている
と書かれていた。次の日から、大忙しになるとも知らずに・・・
そんな風に、すぐ上に去年の事が書かれているのも、楽しい。

出来る事なら、この日記を4冊書きたい。
そのためには、ナナと拓に20年生きてもらわないとならないが。

7-2-32.jpg

     (すごく長生きしそうな、拓さん)

ナナちゃん、拓さん、出来るだけいいから
長生きしてください。



びしょぬれな日

朝、外を見たら雨が止んでいたので

「今だ!行くぞ~」と散歩に出たら、ザーザー降りだった。

ベランダからドアに移動する間に、降り出すなんて・・・台風4号め!


5k-2-36.jpg

  (びしょぬれで、哀れな顔の拓さん)


5K-2-35.jpg

  (ヘトヘトになってしまったナナさん)


昼に雨が弱くなったので外に出てみると、細かい霧状の雨が・・・
霧吹きで顔に水をかけられているような、不快感を感じながら
少し遠くまで歩きました。

家に着くまで降らないでくれとの願いも通じず・・・

5k-2-41.jpg

  (この写真を撮った直後、雨が強くなりびしょ濡れに)


せっかく、雨の切れ間があったというのに
毎回、びしょ濡れになってしまいました。

台風4号に、もてあそばれた気がするナナ拓家です。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

優しさに触れて

私が拓さんに知ってほしかった事
それは、手の温もりと優しさでした。

最初、耳を拭こうと伸ばした手に、歯を当てて抵抗した拓さん。
正直、どこまで本気で噛んでくるのか分からなくて
思わず手を引いてしまった。

でもある時、「拓になら、噛まれてもいい」と思った。
そう思えたら、牙を剥いて威嚇されても怖いと思わなくなった。
手をガブリと咥えられて、笑って目を見つめ返した。

「拓さん、私の手は好きですか?」


指に、穴の開いたオヤツを刺してみました。

7-2-39.jpg


指に歯が当たらないように、そっとオヤツを抜き取る拓さん。

7-2-40.jpg



「ナナちゃん、私の手は好きですか?」

7-2-41.jpg


ソフトすぎて、オヤツが指から抜けないナナさん。

7-2-38.jpg


指に感じる唇の感触から
私に痛みを与えまいとする、この子達のやさしさが伝わってくる。


ナナ拓の優しさに触れ、感動に打ち震える私の横で・・・
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

一緒がいいの?

今朝は、拓さんに4時半に起こされて散歩に行きました。
(拓さん、昨日は特別だったんだよ~。勘弁してくれ~)←心の叫び

心配だったナナのゲーリーは、すっかり治っていました。
よかったね、ナナちゃん。

7-2-17.jpg


実は昨日、ゲーリーのナナと健康な拓さんの歩くペースがあまりにも違いすぎるので
昼の散歩は別々に行きました。
旦那はナナと、私は拓さんと歩きました。

時々、1匹だけ連れて歩くと「なんて楽なの!」と思います。
ナナ拓は2匹の時も上手に歩くし、引っ張りもないので大変な事はないのですが
2匹の時は、監視する範囲が広いので神経を使います。

あまりに楽ちんなので、夕方の散歩も別々にしようと思い
今度は私がナナと出かけました。

拓さんの事など、全く気にせず嬉しそうに部屋を出るナナさん。
しばらく歩いて、くるりと後ろを振り返りました。

振り返ったまま、動かないナナさん。
拓さんが、後ろから来ると思っていたようです。
ちょっと、からかってみたくなり
「あれ、ナナちゃん。拓の事忘れてきちゃったね~」と言うと
ナナはビックリしたように目を見開いて、来た道を戻ってしまいました。

「冗談だよ、ナナちゃん。拓は今日は別に行くんだよ~」
私の叫びもむなしく、ナナは全速力で家に向かっています。

もうすぐ家に着くという時、マンションから拓さんと旦那が出てきました。
今度は、ナナを見つけた拓さんが走って来ました。
嬉しそうにナナに鼻をぶつけながら、「ガウガウ」と文句を言っています。
ガウガウされながら、笑っているナナさん。

7-2-25.jpg


たまには一人で、好きに散歩したいかな?と思っていたけど
ナナも拓も、一緒がいいみたいです。

真夜中の散歩

昨日、ナナがゲーリーになってしまいました。
ゲーリーの時のナナはかなり早足で、気に入った排泄場所を求めて
ひたすら歩きます。
お腹が痛いのなら、とっとと済ませればいいものを
ここは嫌、あそこも嫌と、なかなか場所が決まらないのです。

昨日は一日中、そんな散歩に付き合わされた拓さん。
ゆっくりシッコも出来ず、匂い嗅ぎも許されず、ちょっと可愛そうでした。


夜の散歩でも、かなりピーピーだったナナさん。
深夜2時半くらいに、外に行きたいと言い出しました。

旦那が連れ出してくれると言ったのに、30分経ってもいく気配がないので
だんだん腹が立ってきて、「行くのか、行かないのか」と切れる私に
「今行くよ!」と逆切れする旦那。
夫婦喧嘩勃発!の最中、よせばいいのに拓さんが「おいらも行くよ」と起きてきた。
しかも、廊下にシッコをタラタラ漏らしながら。

そんな拓さんの姿を見たら、喧嘩などしていられず
旦那は、ナナと拓を連れて外に飛び出して行きました。

真夜中だというのに、早足で歩くナナに引っ張りまわされる男衆なのでした。

7-1-51.jpg

   (先日の土手の写真、とてもさわやかな拓さん)

30分後
ナナは、屁を放った後ゲロったそうですが、元気に帰宅しました。

7-1-63.jpg

    (早く元気になって、また土手に行こうね)

丸1日、お付の犬としての役目をはたした拓さん。
御苦労様でした。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

慎重派

昨夜は、旦那と二人でラーメンを食べに行きました。
ナナ拓は、お留守番です。

いつもは、帰宅して部屋のドアを開けると、先を争うように飛び出してくるお子達。
でも昨日は、ちょっと悪戯をしてみました。

お子達に気づかれないように、そろり、そろりと部屋の前まで行き
旦那と二人でドアの外側に隠れてから、さっとドアを開けてみました。
ナナ拓から見ると、ドアが開いたのに外には誰もいない状態です。

飛び出してくるかと思いきや・・・・
3秒くらい経ってから、最初にナナがそ~と顔を出しました。
慎重に、左右を確認しています。
拓さんは、顔も出しません。ナナに任せたようです。
もちろんすぐに見つかってしまい、拓さんも大喜びで飛び出してきました。

うちのお子達は、とても慎重派のようです。


昨夜の悪戯のお詫びに、昼は"ラッパンドッグ"に行きました。

7-2-4.jpg

  (お土産に買った焼きトルティーヤを食べるナナ拓)

久しぶりなので、ナナも拓も大喜びでした。


帰り道、近くの養老院?にある噴水を通って

7-2-7.jpg

  (大好きな噴水を見て、ご機嫌なナナさん)

ナナは噴水が大好きなのです。
光が丘公園に行った時も、噴水の中にある道を必ず通ります。


美味しい物を食べた後は、とても素直な良い子になるナナと
いつも良い子の拓さん。

7-2-5.jpg


私が子供の頃は、外食なんてほとんど連れて行ってもらってないな。
子供時代の私より、ナナ拓の方が絶対いい物食べてると思うのは
気のせいでしょうか?



テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

花火の季節

昨日は近くの神社で、ほおずき市がありました。
浴衣を着た子供たちが、マンションの前の道を走り抜けて行きます。
夏ですね。

と、風流に浸ってばかりはいられない。
犬飼いにとって、夏の行事は恐怖の連続なのです。

祭りの帰り、子供達は近所の公園に集まり”花火大会”を始めました。
爆竹のような音が鳴り響き、子供達の歓声が上がります。



その頃我が家では、テーブルの下が大人気。

7-1-105.jpg



父ちゃんが煙草を吸いにベランダに行くと、ガラスを叩いて父ちゃんを呼ぶ拓さん。

7-1-113.jpg

     「父ちゃ~ん。父ちゃ~ん。」

父ちゃんがトイレに行った時、ドアノブに手をかけて扉を開ける拓さんを見て
「へぇ~、いざとなれば自分でドア開けられるんだ」などと感心していると
爆竹のような音が何度も聞こえて・・・

7-1-110.jpg


夜の散歩にも行けず、花火が終わるのを待ちます。
10時頃、少し静かになった隙に夜散歩に出かけました。


良い子のみんな、花火は夜9時頃までに終わってくれると
助かるんだけどなぁ。



テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

悪魔に魂を売りますか?

今日の話は、私個人の意見です。読んで、不愉快に感じる人もいると思います。
もし不愉快に感じたとしたら、申し訳ありません。
でも、私はこう考えています。


生態販売をしているペットショップには行かないので
そこでどんな会話があるのかは、知らないのだけれど
時々、変な話を耳にする。

1年前、とあるドッグカフェで
トイプードル(♂)を連れた小学生の女の子(一人で来ていた)
と隣の席のダックスを連れたオバサンとの会話。

子供「今度、女の子も飼うの。それでね、子供を産ませるの~」

おば「まぁ、子供が欲しいの。可愛いものね。
   でも生まれるのは1匹じゃないから、お世話が大変よ。
   それに貰ってくれる人を探すのも大変なのよ」

子供「何言ってんの?売るんだよ」

おば「え・・・・?」

子供「子供産ませて、ペットショップに売るんだよ。 
   沢山お金もらえるんだって、ママが言ってたもん。
   あ~、いっぱい生まれるといいなぁ」

おば「・・・・・・・」

その後、そんな事は止めるようにと、おばさんは必死に説得していたが
どうやらペットショップの人に、産まれた子犬は店が買い取るから
メス犬も飼うように勧められたらしい。

これが噂の「キッチンブリーダー」ってやつか?

動物愛護法が改正され、ペットショップで子犬を販売する時は
どこの犬舎で産まれたのか表示しなければならなくなったはず。
登録していないブリーダーからの子犬を、どう販売する気なのか?

そもそも、本当に買い取るつもりなどあるのか?



そして最近
♀と♂を連れた飼い主(Aさん)と私との会話。

A「うちの犬(♀)今ヒート中なんですよ」

私「♂♀で飼っているのに、避妊・去勢をしていないんですか?」

A「子供を産ませようと思っているんですよ。1匹はうちに残すつもりです」

私「1匹って・・・他の子はどうするんですか?」

A「ペットショップに持って行きます。」

私「この子は雑種ですよね。雑種の子を引き取ってくれると思ってるんですか?」

A「雑種じゃないです。○○と○○のMIXです!
  それに、家の子の子供を見たいと思うのは、自然な感情なんじゃないですか?
  あなたは、自分の犬の子供を見たいと思わないの?」

私「思いません」

Aさんが少し感情的になってしまったので、犬の病気に話題を変えた。
子宮蓄膿症の話をして、出来るだけ早い時期に避妊手術をしてあげた方がいい事を説明してみた。


動物愛護法が改正されて、ブリーダーなど動物を扱う業者は登録制になった。
けれど、こんなキッチンブリーダー達は自分がブリーダーだという自覚もなしに
動物を販売しそれをペットショップが買う。
悪徳な業者を排除する一方で、こんな小さな悪が点々と散らばったらどうなるのだろう。

これは本当の話なのだろうか?ペットショップはお客にそんな話をしているのだろうか?
それとも、ペットショップが買ってくれると思い込んでいるだけなのか?


捨てられたり、保健所に持ち込まれたりする犬の話を聞いて心を痛める人は多い。
「私は犬を捨てたりしない!」
Aさんだって、そんな心を持った人だ。
けれど、自分が産ませた子犬達の行く末を、まるで心配していない。

最初の子供の親は、悪魔に魂を売ったのだろう。

けれど、Aさんのような人は多いのではないだろうか?
どうか、安易に子供を産ませたいなどと考えないで欲しい。
もし産ませるのなら、飼い主の責任として産まれた子全員のしあわせを約束して欲しい。

もし約束出来ないのに、子供を産ませるのなら
それは悪魔に魂を売った子供の親と、何も変わらない思うから・・・



ストレス怖い

昨日はoffice2007による激しいストレスで、意識を失っていたナナ拓母です。

人間の体は上手く出来ていて、「これ以上は危険」と判断すると脳内から何か出るらしい。
Excel作業中にバグを踏み続け、強制終了してしまうという状態が続いた時
突然の眩暈と吐き気、そして激しい眠気に襲われました。
私の脳から、何か出たらしい。


フラフラして立つ事も出来ず、ソファで横になろうとしたら
ナナと拓が来て、両脇を占領されてしまいました。

左手をナナの股の間に挟み
7-1-99.jpg


右手を拓の背中に乗せて
7-1-98.jpg


ここで私の意識は無くなり、ひたすら爆睡したようです。

目が覚めると、旦那がoffice2007を消して2003に戻しておいてくれました。
助かった・・・

7-1-94.jpg



薄れゆく意識の中で感じるナナと拓の体温は、とても暖かく心地良かったです。


母の憂鬱

昨日、パソコンが届きました。
3日で届くって言うから注文したのに、1週間以上経ってるし・・・
しかも、発送間際に電話があり「キーボードがありません」と。
それなら要らないって言ったのに、なんか古いタイプのキーボード付いてきたし。
前途多難・・・・

昨日は1日中、ファイルをコピーしたり、仕事で使うソフトを何個もインストールしたり。
さあ、今日からこのパソコンでお仕事です。

でも・・・

7-1-71.jpg

  (余った内臓がごちゃごちゃと・・・いいのか?)

嬉しくありません。

私は仕事でExcelを使うのですが、office2007が入っていて
今まで(office2003)とは、見た目から拡張子まで結構違うのです。

時代の進化に、ついて行けない私・・・
ちょっと、ストレスです。



パソコンに向かって、ため息を吐く私の後ろでは

7-1-73.jpg

   (廊下で1列なお子達、何故廊下?)


7-1-76.jpg

   (リビングに行けば、ついて来て同時に伸びなどしている)


7-1-82.jpg

      (私の憂鬱が伝染したか?)


「よーし、憂鬱なんか吹き飛ばすぞー!」と気合を入れたその時
ピンポーン!とチャイムが・・・

「宅急便でーす」

7-1-83.jpg


注文したキーボードと、お詫びの品?でっかいボールペンが届きました。

キーボードが2つ・・・
やっとこのキーボードに慣れたのに。

・・・・遅いよ。





テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

初土手

ナナ拓家は、今アフリカに来ています。

7-1-49.jpg


嘘です。

コマちゃんのママに、土手への行き方を教えてもらったので
早速、行ってみました。
(駒子さん、ありがと~。辿り着いたぜぃ~)


1-7-60.jpg

      「自然がおいらを、呼んでいる~」


最近は、お出かけの気配を感じると大喜びの拓さん。
家を出てから駐車場までの道も、何度も何度も父ちゃんの顔を見上げながら
とても嬉しそうに歩きます。

ゲーリーもすっかり治って、身も心も軽くなった拓さん。
はしゃぐ、はしゃぐ!



ナナさんたら、草なんて食んでないで少し遊びなさい。




ナナも拓も、楽しそう!
だけど、体力が無いナナ拓家。10分で遊びは終了・・・
川口に移動して「WITHDOG」さんに寄って帰りました。


ほんの少しの時間だけど、ナナも拓もとても満足してくれて
連れて来た甲斐がありました。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット