スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22歳

さっき、拓さんを昼の散歩に出したら、近所のご婦人に会った。

70代のご婦人は、2年ほど前に22歳の愛犬を見送った。

嬉しそうに「頑張ってるね!」と拓を撫でながら、
「まだ足がしっかりしている」と言ってくれた。

拓さんが散歩に行くと、近所の御老人達が声をかけてくれる。

「がんばれ、がんばれ」の掛け声が1番多いが、中には

「可哀想に、可哀想に」

「もう足がダメだね」

「そろそろかもね」

などという、ネガティブ発言もある。


いろいろな事を言われるが、その大半は拓さんの姿を見ると
安心するよ、という温かい声援だ。

しかし今日は、22歳の愛犬をみとった大ベテラン。

「これなら、まだまだ大丈夫!」と言われて、とても嬉しくなった。

P4043987

拓さん、まだまだ大丈夫だって♪


P4043985


ニイナちゃんも22歳目指して頑張ろうね。

スポンサーサイト
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。