FC2ブログ

幻の虫

あれは、先月のはじめの事。

ニイナが耳を掻きむしり、耳から血が出てしまった。
耳の中に黒い耳垢が見えたので、病院に行った。

先生が綿棒で耳垢をちょっと採り、顕微鏡をのぞく。
すると・・・
先生の目が見開かれ、「いるはずの無い物が見える」と言う。

手招きされ顕微鏡を覗くよう促され、わたしも覗いてみた。

「毛包虫」(ニキビダニ)、犬界では「アカラス症」と呼ばれ
出来ればお目にかかりたくない種類のダニが見えた。

頭を抱える先生。青ざめる私。
無言の時間が続く。

P9275190

ニキビダニは、犬には常在しているらしい。
そして、毛穴の奥深くで静かに暮らしその一生を終える。
アカラス症は、ニキビダニが何らかの理由で増えてしまい
脱毛や痒みを引き起こし、とても強い薬を使っての治療となり
また、それでも完治しにくいらしい。

問題は、何故耳垢の中にいたのか?(元気に動いていた)
通常、見つけようにも毛穴の奥深くなので、皮膚をひっかいて
えぐり取るようにしても、なかなかお目にかかれないらしい。
そんなシャイな奴が、耳垢の中にいる事は考えられないと言うことらしい。

あれから、戦々恐々の日々だった。

ニイナが禿げるのか?(ニイナお前も禿げるのか?)

激しい痒みは、辛いだろう。

強い薬は使いたくない。ここまで元気に過ごして来たのに。
強い薬など使ったら、薬に負けてしまうのではないか?

あぁぁぁぁーーー。



PA105205

あれから1か月。

ニイナの耳は、すっかりきれいに完治した。

禿げてもいない。

痒がってもいない。

先生が、「あれは、気にしなくてもいい」というので
気にしないことにしよう。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット