残念な飼い主

私は今、猛烈に感動している。

ある本の隅っこに書かれていた、犬の行動に対する解説。
その解説を読んで知った拓さんの気持ちに、猛烈に感動している。

その本は、これだ↓

P9164706

たまたま同時に買った2冊の本を同時に読んでいるのだが、同時に読むことで
片方の本だけでは見逃してしまうようなことがうまく繋がり、深く心に入ってきた。

(まだ半分くらいしか読んでいないので、本の評価は置いといて)

私が何に感動しているかというと、「ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック」
に書いてあった「相手の耳や目のまわりのにおいを嗅ぐ」理由についてだ。

この本は、連続写真を使うことで、犬の気持ちの変化と同時に起こるボディランゲージの変化を
分りやすく解説している。

実はこの「相手の耳や目のまわりのにおいを嗅ぐ」という動作、散歩に出る時玄関で
拓がニイナにしつこく繰り返している動作なのだ。
「何をしているのかな~?」とずっと疑問に感じていて、「ニイナの耳臭いの?」などと
拓さんに聞いたりしていた。

何と愚かな、残念な飼い主。

P9164709

写真に解説があり、「緊張している相手をなごませるためにやっている、云々」
と書いてあった。もちろんこの動作の意味はそれだけではないのだが、
私は写真と解説を見て、拓さんがやっていた事の意味を始めて知る事が出来た。

この2年で、ニイナはずいぶんすんなりと散歩に行けるようになった。
もちろん、ニイナ自身の頑張りは1番に大きいと思う。
でも、拓さんが毎日毎回、玄関でニイナに「大丈夫だよ、怖くないよ」と
伝え続けてくれていたのかと思ったら、たまらなく泣けてきたのだ。


P9164715


「おまえは本当に、優しいなー」

拓さんの首に抱き付いて、おいおい泣く。


P9164708


「動物感覚」の方は、動物が、いや、ニイナが「私にはこう見えて、こう感じているから怖いの」と
直接語りかけてくるかのようだ。

動物からみれば、人間は何と愚鈍な生き物なのだろうかと情けなくなる1冊である。

とにかく、自分が残念でならない。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

コメント

ゆずさん

投稿します!(笑

私は拓さんを誤解していました。
散歩のたびに、最初は逃げ回り、慣れてきても
玄関でぐずぐずしているニイナちゃんを、拓さんはきっと
うっとおしく感じているだろうと思っていました。
耳の匂いを嗅ぐのも、「早くしろよ」と言っているのだと
思っていました。

犬は人間と違って、いじわるな感情がないのですね。
ああ、恥ずかしいi-240

2011/09/17 (Sat) 23:06 | ナナ拓母 #MDMkRtpI | URL | 編集
すばらしい!!

いや、これは、ものすごく素晴らしい!!話です。
「犬と私の感動の物語」に投稿してください
そんな本があるかどうか、知らんけど。

そうか
拓さん・・・あなたの行動にそんな深い意味があったとか。
本当に、何て優しい子。
何て、すばらしい子。
よかったねぇ。母さん、こんな素敵な子がわが子で。

ありがとうありがとう。
ニイナちゃん、よかったね・・・あぁ、幸せだわ

2011/09/16 (Fri) 20:09 | ゆず #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する