スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊毛フェルトその5

1週間前に耳が付いたままだった妖怪猫達ですが、
今回は、「顔の植毛」に入ります。

昼間は仕事が忙しくて、夜の12時から夜なべ仕事で作っていたのですが
顔の植毛だけは、お日様の光の下でないと出来ないというか、見えないのです。

私がおばあちゃんになったのか、誰でもそうなのか?
明るい日の光が入る昼間の作業をお勧めします。

で、土日の昼間に顔に植毛してみました。

写真を並べてみたので、その順番に植えたと思ってください。
説明は、「羊毛を植える」としか言いようがないので、どの順番で、どれくらいの量の羊毛を
植えて、どんな風になるのかを見てください。

ポイントは、
1.1箇所に沢山植えすぎない。少しづつ植える。
2.ある程度植えたら、カットして目の粗いブラシで整えながら。
3.毛をカットする時は、球体になるように、上から見ても横から見てもまあるくなるようにカットする。
  そして短くカットしすぎない。カットは体が終わってから全体のバランスを見ながらやるので
  ある程度の長さを残してください。

では、体の部分をティシュでくるんで汚れないようにしてからスタートです↓

PA305100

PA305103

PA305104

PA305105

PA305106

PA305110

PA305111

PA305113

PA305114

PA305118

PA305124

PA305126

PA305130

PA305131

と、私はこんな手順で植えています。
犬のときも、だいたい同じ順番で植えています。

羊毛フェルトは、人によって作り方が違うと思います。
あまり構えずに、気楽に植えてみてください。
失敗したら、毛を抜いてやり直せばいいのです。

と、偉そうなことを言っていますが、・・妖怪猫達が、可愛くなりません。(涙)
どの子も変な顔になってしまいます。

PA305141

妖怪猫は、妖怪のままなのか・・・

やばいです。


PS.

亀梨君の、妖怪人間ベムがおもったより面白い。
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

コメント

ペロさん

なんか、どんどん変になっている気がします(汗
猫はやっぱり難しいです。
実際に触って、骨格や肉の付き方をわかっている犬と
想像で作る猫は違いますね。
ペロさんが作れば、きっとリアルに作れますよ♪

2011/11/01 (Tue) 23:43 | ナナ拓母 #MDMkRtpI | URL | 編集
おもしろい

植毛過程、「ぷぷっ」と笑ってしまった私です。
風になびくたてがみがすごい~(笑
カットしてしまうのがもったいない気がする私は貧乏性。
充分可愛く変身中だと思いますよ。ふふ。

2011/10/31 (Mon) 16:36 | ペロ #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。