ジャック検査結果

先日の血液検査で肝臓の数値が高かったジャック君。
今日は、エコー検査に行ってきました。

肝臓の数値が高いといっても、ALT(GPT)188(基準値11-69)
ALP352(基準値14-193)なので、そんなに驚くほどの値ではありませんでした。
エコー検査でも肝臓や胆嚢に異常はみられず、食事とサプリで十分に改善するのではという事でした。

ただ、去勢手術を出来るだけ早くしたいので、肝臓強化のお薬とサプリを飲んで
2週間後に再度血液検査をする事になりました。

ついでにニイナちゃんもエコー検査。
ニイナちゃんは相変わらずの胆泥女子ですが、状態に変化は無くサプリで現状維持。


DVC00222

病院の帰りに新しいリードを買い、ランゾウママさんにジャックを見せに行きました。

DVC00233


カフェマットの上で伏せて、とてもおりこうさん。
でも、マナーベルトはしていますが、足上げマーキングを2回。

ジャックは聞き分けが良いし、怖がりじゃないし、車酔いもしないし
何より吠えない静かな子だし、ドッグカフェや旅行だってどこにだって連れて行ける。

マーキングさえなければ・・・

本当は家でマナーベルトを付けるのも良くないと思っています。

「臭いものにふた」

自分が楽な方法を選んだだけです。

DVC00236


ニイナちゃんは、お家トイレが完璧になるまで2年かかりました。

ジャックはどれくらいかかるのかな?


DVC00238


ナナさんは外でしかトイレが出来ず、家でするくらいなら膀胱破裂で
死んだ方がましだといわんばかりに我慢をする子でした。

ナナが来た時、ドッグトレーナーさんに相談したら
トイレのしつけは、そういう外派でがんこな子が1番難しいと言われました。
そういう子は、何ヶ月も散歩に出さず我慢の限界を超えるのを待つのだそうです。
でも、何ヶ月経ってもまたお散歩を再開すれば、外派に戻ってしまうと言われ
そんな可哀想な事は出来ないと、ナナさんは外派のままでした。

その点、ニイナは楽でした。どこでもしちゃうんですから(笑
あとは、トイレシートに誘導して偶然成功したら褒めちぎる事を繰り返し
何度も何度も失敗して、半年間大丈夫でもまた失敗して。
2年経ってからは1度も失敗する事なく、完全に憶えてくれました。

ジャックもどこでもしちゃいますが、ニイナと違うのは排泄じゃなくて
マーキングだという事。
おしっこを一定時間我慢する事からのスタートです。
7年以上続いたその習慣を変えられるのだろうか?

去勢手術が済んで本能が少し収まれば、あとは知性が勝ってくれると信じて。
あきらめずに頑張ります。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する