海と言えば魚だろ

宿に戻り、私とお子達は肉待ち。
父ちゃんは近くにスーパーがあるというので、お子達用の肉を買いに行きました。


ナナさんと初めての旅行に行って、バーベキューしたんだよなぁ。
楽しかったなぁ。



しかし、5時になり、10分が過ぎ、20分が過ぎても、肉が来ません。

宿のオーナーさんに電話すると、お肉やさんに確認してくれるとのこと。

そして、折り返しかかってきた電話で、手違いで肉が注文されていなかった事を告げられる。


PA189314


辺は夕闇につつまれ、父ちゃんが買出しから帰って来た。

「ササミが売って無いんだよぉ、胸肉でいいか?」

「あとね、地魚買って来た、これも焼こう」


PA189359


嬉しそうに話す父ちゃんに、悲しいお知らせを告げる。




5時30分。町に「七つの子」のメロディが流れる。

突然、調子っぱずれな音程で「七つの子」に合わせて隣の家の犬が歌いだした。

その歌声が、あまりにも可愛くて、少しはずれた音程が可笑しくて

肉が届かないことなど、どうでもよくなる(笑


PA189352
(買って来た鶏肉を茹でる父ちゃん)

お子達は、茹でた鶏肉と缶詰のフード。

そして私達は、すしの出前(笑

PA189353


やっぱ海に来たら、魚食べなきゃでしょ。

そう自分に言い聞かせたが、ここだけの話、生の魚が苦手です(汗



つづく。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する