一の酉

お金の話の続きのような話だが

私は今まで生きてきて、何かを買う時「ちょっと、おまけしてくれませんか」と
言ったことがない。

関東には、そういう習慣がないのだよ。

だから、いつも値札どおりにお金を払う。


話は飛んで、今日は「一の酉」だ。
我が家は毎年、巣鴨の大鳥神社にて「熊手」を購入している。

今日は父ちゃんも休みなので、家族全員で行ってきた。

PB039507


実は、この熊手、買い方があるらしい。

それを知った時の恥ずかしさといったら・・

毎年、言われたとおりの金額を払い、さっさと帰ってきた自分が恥ずかしい!

PB039515


どうやって買うか!

まず値段を聞き、少しおまけしてと交渉するのだそうだ。

それで店の人が「いくらにおまけするよ」と言ったら、「あら嬉い、なら買うわ」
という流れになり、支払う時におまけしてくれた分を「ご祝儀」として渡すのだそうだ。

粋だねぇ。


PB039514


今年はそれがすんなり出来た。

ぎこちなくではなく、すんなり出来たぞ。嬉しいぞ。

最後は皆笑顔で、拍手うってもらって帰ってきたぞ。

大人になった気分だ(十分すぎるほど年だけはとっているが)


で、これが今年の熊手だ。


PB039516


小判多いな、今年も欲深いな。


という訳で、「おまけしてくれませんか」も言えるようになった母です。
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する