猫ボールの作り方

飽きたらいかんな、もうちっと頑張ろう。
という訳で、今日も「猫ボール」を作っていました。

これ、本当に簡単なのです。初心者でも楽々作れると思う。
リアル猫を作りたいけど、ハードル高いと思っている人は、猫顔の練習にもなる
と思うので、興味があったらやってみて下され。

材料: 発泡パーツ ボール50φ」という直径5cmの発砲スチロールの球体。
     ダイソーで売っている。
     羊毛(ペレンデール鎌倉のランヴィエ羊毛 または、フルフィール

 注)メリノなどの細い植毛に使うタイプの羊毛は、発泡スチロールと相性が悪いので
   ベース羊毛というか、毛が簡単にちぎれて、固めやすいものが向いています。

作り方

① 発泡ボールに目と鼻を書く(適当に)

P4300209

② 目・鼻の部分を先に植えて、残りの部分は三毛などの場合は下書きをして色分けして植える。 
  (ニードルの太さは、中針または細針)

この段階では、ざっくり数か所刺して色の配置を決める程度にしておく。刺し過ぎない。
  注)鼻をピンクにしておくのは単なる目印。後でこの上に鼻を盛ってしまうので付けなくても可。

P4300272

③ 耳を作る。(耳は△三角になっていればよい、付ける前は固めすぎない)
  (ニードルの太さは、中針または細針)

P4300277

④ 耳を付ける。(ニードルの太さは、細針)
  この段階で、周りとなじませながらチクチクと耳の形を整えていく。

P4300280

最初は黒い耳と同じ大きさだった茶色の耳が、固めていくうちにこれくらい小さくなる。

P4300281

⑤ 鼻と口のまわりを盛る。(ニードルの太さは、中針または細針)
  目の下に毛の色を貼り、目の形を作っていく。

P4300284


⑥ アイラインを入れる。(ニードルの太さは、細針)

P4300285


⑦ 目玉を入れる。(ニードルの太さは、細針)
  最初は軽く留めておき、猫がどこを見ているのか視線の先を決める。
  多方向から眺めてみたり、猫と視線を合わせてみたりして
  目の向きが左右でチグハグや不自然にならないように慎重に。

P4300286


出来上がり。


補足説明

通常羊毛で球体を作る場合、ニードルを球体の中心に向かってチクチクさすのですが
発泡スチロールが中に入っているので、中に向かって刺し続けると、発泡スチロール
が穴だらけになり、中がボロボロになってしまいます。

なので↓下の写真の針の方向に刺すのは、間隔をあけて、
深めに数か所刺すだけにします。

P4300218

しかしそれでは、羊毛を絡める事も表面をきれいに整える事も出来ないので
↓下の写真のように平行に針を刺して、羊毛を一体化(フェルト化)させていきます。
 この時、球体の周りの毛だけに刺すようにして発泡スチロールには針を刺さないように注意。

P4300219

針を平行に刺す場合、↓これくらいの羊毛の厚みが必要かと思います。

P4300214


で、チクチクしたり、両手のひらでお団子を丸めるようにコロコロしたりを繰り返すと

P4300220

だんだんと表面の凸凹が無くなり、羊毛が絡んでフェルト化してきます。


以上、「猫ボールの作り方」でした。
テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

コメント

ペロさん

やってみー。
羊毛の種類さえ、発泡スチロールに合えば
本当に簡単にできるのだよ。

まずは、ダイソーにいってみ。

2014/05/01 (Thu) 23:41 | ナナ拓母 #MDMkRtpI | URL | 編集
No title

ぬおう~

か・・・簡単・・・そう・・・v-40

「ニードル」が何種類か
羊毛の色も何色か
発泡スチロールはダイソーでね。

ふむふむ・・・・・

やってみようかなv-283

2014/05/01 (Thu) 23:01 | ペロ #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する