拓さんへ

散歩の時間、旦那とナナに続いて廊下を歩く拓さんが
後ろで見送る私を、何度も振り返りながら見るので

「拓、行かないで」と言ってみた。


困った顔で、立ち止まる拓さん。


ナナと旦那がドアを開け、外に出る時になっても


拓さんは止まったまま動かない。


20080301_97.jpg



「嘘だよ、行きなさい」と尻を叩いても、まだ私を見つめている。


やさしいにも程があるぞ、拓さん。


そんなに素直だと、私がいぢわるしたみたいな気になるじゃないか。

でも、ありがとね。

テーマ: ☆多頭飼い☆ | ジャンル: ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する