FC2ブログ

雨の日と土曜日は

雨の日と、土曜日は、気分が落ち込んでしまうけど
そんな時は必ずナナが助けてくれる。

この間の雨の日は、父ちゃんの上着のポケットから
ナナの尻尾の毛が3本出てきました。
私と父ちゃんと拓に1本ずつ、ナナさんからのプレゼントです。
ナナありがとう、あの箱に大切にしまっておくからね。

2009_P3281413.jpg

ナナからもらった毛を、赤い糸で結んで箱に入れてあります。
この箱は赤ちゃんのへその緒を入れる箱です。

どうしても辛くなった時、この箱を開けてナナの毛に指先で触れると
波打っていた心が、穏やかになります。
あまり触りすぎると毛がばらけるので、よほどの時しか開けません。
3本の尻尾の毛も、ここに仕舞っておくことにします。

2009_P4181526.jpg

そして土曜日。
朝から全然ダメな私を置いて、拓さんは父ちゃんと二人で
「ラッパンドッグ」に行きました。

この1ヶ月、何が1番辛かったか。
それは、事情を知らない人にナナが死んだ事を伝える事だった。

拓さんと散歩していると、「あら、今日はもう1匹はどうしたの?」と聞かれる
「あの子、死んじゃったんです」
そう答えるたびに、内臓をえぐられるような痛みを覚える。
最初は、「死んだ」という言葉がどうしても出てこなくて
「うぅ、う」と変な音しか発せなくて、本当に困った。

でも、そうやって何度も何度も、「ナナが死んでしまった」と言葉にする事は
その事実を自分に突きつける1番の方法なのかもしれない。

父ちゃんは、ラッパンの店長にナナが死んだ事を知らせに行った。
「辛いなら、もう少し後でもいいんじゃないの?」と言う私に
「ナナが大好きだったお店だから、行かなくちゃいけないんだ」と
言ってました。

ナナの死から目を背けてはいけない。
あの子の親だから、私達が受け止めて、どんなに辛くても受け入れないと
そうでないと、私達は永遠に一緒にいる事ができなくなる。
まだ、のた打ち回っている状態だけど、少しヒントが見えてきた気がします。

父ちゃんはお店に居る時、確かにナナがいる気がしたと言ってました。
そうやってナナに助けられて、何とか頑張れているナナ拓家です。


テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

コメント

鍵コメさん

ありがとうございます。
そう言ってもらえると、少し安心します。
私も本当のところどうなのか、よく分からないですが、ナナの気持ちと思って素直に聞きたいと思います。

2009/04/20 (Mon) 19:10 | ナナ拓母 #MDMkRtpI | URL | 編集
ラッキーママさん

ナナとの別れは急な事だったけれど
今日読んだ本に、犬は飼い主の事をとてもよく知っていて、飼い主の悲しみが軽くなる別れ方を選ぶと、書いてありました。
ラッキーちゃんもママにとって1番いい方法と考えて、頑張っているんですね。
その事をちゃんと理解しているママも、すごいと思います。
あの子が我が子になってくれた事、あの子と一緒に過ごせた事、たとえ短い時間だったとしても、あの子が私の所に来てくれた事が本当に嬉しいです。

2009/04/20 (Mon) 19:04 | ナナ拓母 #MDMkRtpI | URL | 編集
ゆずさん

言葉に出すのは辛かったけど、人を避けて過ごしていたら
もっと辛い事になっていたかもしれないと思います。
私の知り合いは2年人を避けて暮らしたそうです。
拓さんが居なければ、外に出ることもなく引き篭もってしまったかもi-229
最初の頃は、1日を終えるだけでクタクタでしたが
最近は何かをやる意欲みたいなものが出てきましたよ。
がんばる~~ぞ~~(笑)

2009/04/20 (Mon) 18:16 | ナナ拓母 #MDMkRtpI | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/04/20 (Mon) 12:30 | - # | | 編集
ほんとうに・・

ナナ拓家のつらさを想うと・・・

お別れの期間が とてもとても短すぎて(T_T)

言葉に出すこと、、私は常に言っていました。
「ラッキーは もう… 辛い… 無理なの…」と。
そのたびに泣いて、皆に励ましと慰めをもらい
諦めたくないけれど どうしようもなくって。。

少しずつ少しずつ 心が強くなっていったように
自分自身の中で悟りのような境地に変わりました。

そういう時間を、ラッキーが与えてくれた理由は
これがなかったら私がワタシで居られなくなる...
その為なんだな~と今 深く理解している母です..

ナナちゃんきっと綺麗な自分の姿のままで居たくて
あとから いろいろ、ママに教えてくれてるのかな。

2009/04/20 (Mon) 01:43 | ラッキーママ #3KIjm9CQ | URL | 編集

そうですね
言葉に出すのは、辛いと思います

日々の雑多な出来事に振り回されていても、ふとした時に強烈に寂しさが襲ってきますよね
それでも、毎日毎日を繰り返し過ごしていかないといけません
そうするうちに、心が段々理解できてくるかもしれません

父ちゃんは、強いね

2009/04/19 (Sun) 16:24 | ゆず #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する