天国からの手紙

昨日、拓さんの尿検査をしに病院に行った。
別に病気という訳ではなく、定期健診みたいなものです。
と言っても、拓さんは連れずにおしっこだけ持って、私一人で行きました。

一人車に乗り、ナナと拓を連れて病院に通った道を走る。

信号待ちのたびに、後部座席のナナを確認する癖が抜けなくて
そのたびに「もう居ないんだ」と思わされる。
それでも信号が青になり走り出すと、ナナがいるような気がしてね。

病院に着いて「今日はどうしました?」と聞かれ
「拓の方の検尿を・・・・」と言いかけて言葉が止まる。
拓の方って、もう家には拓しかいないのにね。


200809_SANY0163.jpg


帰りの車で、CDを聴いていたらナナを思い出して泣きたくなった。
でも、泣いたらナナの上に雨が降る気がしてCDを止めてラジオをに変えた。

ラジオ劇団「小さな奇跡」というラジオ劇が始まったところだった。
天国にいる男が、残してきた恋人に手紙を書くというお話だった。

死んで天国に行った男が、郵便配達人と出会い
天国には地上に残してきた大切な人に手紙を出すための
ポストがある事を教えてもらう。

「手紙は相手に届くのか」と男がたずねると
「手紙は届くけれど、その手紙に気づく人は誰もいない」と郵便配達人は言う。
けれど、死んだ人は皆毎日毎日、大切な人を思い手紙を書くのだそうだ。

男は、自分が居なくなった後、男の生きた証を残そうと懸命に生きる恋人を思い
手紙を書いた。

 君は、僕が生きた証を残そうと一生懸命頑張ってくれているけど
 
 そんなに頑張らなくてもいいよ。
  
 僕が生きた証・・・
 
 それは、君の存在そのものが僕が生きた証なのだから。



泣かないためにラジオに変えたのに、涙が止まらなくなった。
その言葉が、ナナがそう言っているように聞こえて。




ナナも私に手紙を書いてくれているのかな。

私もナナに手紙を書くね。
毎日ナナに伝えてきた事を、これからも毎日伝えていくね。

「ナナが世界で1番大切。ナナはお母さんの宝物。」
そう言って抱きしめると、満足そうに目を閉じたナナ。

「ナナとお母さんは、ず~とず~と一緒だよ」
そう言いながらくすぐると、少し照れたように微笑んだナナ。



天国からの手紙、楽しみにしてるからね。

これからはナナと心の文通だね。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

コメント

健太ママさん

拓さんは時々、ナナが見えているんじゃないか?
と思う行動をする時があります。
ナナが大好きだったソファのコーナーの席に
呼んでも絶対に乗らずに
せまっちい所に丸まったりするのを見ていると
「今、ナナがコーナーにいるのかな?」なんて
思ってしまいます。
きっと拓さんには、ナナの声も聞こえるんでしょうね(笑

2009/06/03 (Wed) 20:09 | ナナ拓母 #MDMkRtpI | URL | 編集

ゆずさんがおっしゃるとおり、
その時々に目にしたり耳にしたりする言葉は、偶然ではないと私も聞いたことがあります。
ナナさんは、きっとたくさんのお手紙を母さんや父さんや拓さんに書いているはず。
拓さんには、きっとそれが読めるんだろうなー。
≪だから、●●●●さんへ《笑》≫

2009/05/31 (Sun) 15:03 | 黒豆健太ママ #TkSw/e0A | URL | 編集
ゆずさん

そうか、私にとって必要な言葉だったんですね。
今の私、ナナに心配かけてるなぁ・・i-229

ナナちゃん、達筆そうですか(笑)
ナナから手紙が届いていると思うと、楽しくなります。
ゆずさんにも、ナナからお返事が届きますね。
達筆すぎて読めなかったりして(笑)

2009/05/30 (Sat) 21:22 | ナナ拓母 #MDMkRtpI | URL | 編集

自分にとって今、必要な言葉は、どこからか耳に入って来る様になってるらしい。
そのラジオが聴こえてきたのも、偶然では、ないです。

ナナちゃんなら、さぞ達筆だと思う。
私も、ナナちゃんに手紙を書く!
実は、私も達筆です(うそ)

2009/05/30 (Sat) 07:42 | ゆず #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する